【原因解明】ニキビ跡も4種類!?跡が残りやすい人と残りにくい人の決定的な違いとは!?

有益な知恵, 生活お役立ち

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

これまでにニキビが全くできたことのないという方はいないとは言わないまでも、おそらくごく少数だと思います。

しかしその中でも、できてしまったニキビが跡形なく綺麗に治る人もいますが、一方でニキビ跡としていつまでも残ってしまう人もいます。

せっかくニキビが治ってもその跡がいつまでも顔に残ってしまうのはすごく悲しいですよね^^;

 

ニキビが綺麗に治る人と、治った後もニキビ跡として残ってしまう人。いったい両者の間にはどのような違いがあるのか。また、どうしてニキビ跡として残ってしまうのか。

この答えがわかれば、もしニキビができてしまってもその後にニキビ跡として残ることは避けられるかもしれません。

というわけで今回は、自分自身の勉強の意味も込めて

●ニキビ跡が残ってしまう原因

●ニキビ跡が残りやすい人と治りやすい人の違い

の2つについてまとめてみましたので、同じような悩みや疑問を持っている方の参考になれば幸いです。

それではさっそくみて行きましょう^^

 

スポンサードリンク

ニキビ跡が残ってしまう原因は?


せっかくニキビが治ったのにその後のニキビ跡が消えないと、鏡を見るたびに気分が下がってしまいますよね。。

ニキビ自体は治るのに、一体なぜニキビ跡が顔に残ってしまうのでしょうか?

ニキビ跡には2つの原因がある

ニキビ跡が残ってしまう原因は、大きく分けて2つあります。

●1.もともとあったニキビのひどい炎症が原因


ニキビが綺麗に治らずにニキビ跡として顔に残ってしまう原因の1つに「元々あったニキビがひどく炎症してしまう」ことが挙げられます。

ニキビが炎症を起こすと、それと同時にニキビ周辺の皮膚組織も損傷してしまいます。そしてそれが傷跡になって残ってしまうからなんです。

元々あったニキビの炎症箇所」と「ニキビ周辺の皮膚組織の損傷による傷跡」がニキビ跡の正体というわけです。

 

むかし足や腕に擦り傷を作ってしまった時に、傷自体は治ってもその場所が後々茶色いシミのように跡になって残ってしまったという経験はありませんか?

これと同様のことが顔の肌でも起こっていて、色素沈着することでニキビ跡として顔に残ってしまうんです^^;

 

●2.自分でニキビをつぶしてしまう悪循環が原因


顔にできてしまった「ニキビを自分で潰してしまうこと」もまたニキビ跡として残ってしまう原因の1つになります。

そして現在、顔に残ったニキビ跡に悩む人に最も多い原因がこれです。

→ニキビがよくできる人は顔にできたニキビが気になって仕方なく、どうしても手で触ってしまいがちです。

→→触っていると、手の汚れや雑菌がニキビを肥大化させたり、赤く腫れ上がったりと悪化させてしまういます。

→→→どんどん大きくなるニキビが嫌になって、治るより先に自分でニキビをちぎったり潰してしまう。

これがニキビの悪化とニキビ跡の悪循環です。

 

ちなみに、なぜニキビを自分でつぶすとニキビ跡になってしまうのかというと、ニキビをつぶした時に手に付着している皮脂や汚れ・数多くの雑菌などが破れた皮膚組織の内部にまで入り込むことでニキビをよりいっそう悪化させてしまうからなんです。

また、ニキビをつぶす際に周りの皮膚組織も指の爪などで一緒に傷つけてしまう可能性も非常に高くなります。

結果として1つめで挙げた原因と同じようにニキビの炎症と周辺の皮膚組織の損傷がニキビ跡として残ってしまう大きな原因となっているというわけですね。

 

スポンサードリンク

ニキビ跡の4つの種類


一言でニキビ跡とは言えども、実はニキビ跡には大きく分けて4種類あるんです。

ここでは各4種の種類別の原因を解説していきます。

1.赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡は、文字通りニキビが治った後の場所に赤や赤紫の色味がそのまま残ってしまう症状です。

この赤みの正体は、ニキビの炎症によって傷ついてしまった毛穴周辺の傷跡を修復するために集まって拡大した、毛細血管と毛細血管との「うっ血」によって赤い色に変色したものです。

赤いニキビ跡が残っているのは、ニキビがあった時に自分の指や爪で潰してしまうなど毛穴周辺を傷つけてしまうことでできてしまったものと考えられます。

 

2.茶色いシミのように残るニキビ跡

こちらはニキビが治った後の肌に、茶色いシミのようなニキビ跡が残ってしまう症状です。

このシミのような茶色みのニキビ跡の正体は、肌の色素である「メラニン」です。

 

よく夏場や日差しが強い日にしばらく日差しに当たっていると肌が日焼けして茶色く肌が変色しますよね?

日焼けは日光や紫外線などの有害な外刺激から肌を守るために発生したメラニンによるものなんです。

実はこの茶色みのあるニキビ跡においても同様の原理で、ニキビの炎症から皮膚組織を守るために周囲の肌よりもメラニンが多く発生することで、その部分の肌がより色濃く茶色いシミのように色素沈着してしまうんです。

こちらのニキビ跡が残った場合は、ニキビができている間も肌が余分な皮脂や油分で汚れて、不衛生な状態が続いていたことでニキビの炎症を進めてしまったということが考えられます。

 

3.クレーターのようにぼこぼこ凹凸陥没したニキビ跡

ニキビが治った後に、その部分がクレーターのように凹凸したり周りの肌よりも少し陥没したニキビ跡が残ってしまうことがあります。

こちらは原因がかなり厄介です^^;

同じ箇所に何度もできたニキビの炎症による影響が、肌の表皮だけにとどまらず肌の内部にある「表皮層」にまで及んでしまったことによって、皮膚を構成しているコラーゲン組織を傷つけてしまったことが大きな原因になります。

ニキビが治った後に皮膚がしっかりと再生できた箇所と、組織の損傷によってしっかりと再生できなかった箇所がまばらにできてしまうことで、結果的にぽつぽつと陥没したクレーターのようなニキビ跡になってしまうわけです。

この状態になるともう自力で治すのはかなり大変で、どうしても治したい場合はお近くの皮膚科に相談するのが一番確実で良いです^^

 

4.しこりのように肌の内側にコリッとしたものが残るニキビ跡

この種のニキビ跡は肌の内側に赤色みがかったものや、あまり外見ではわからないまでも肌色のしこりが内側に残ってしまうタイプのニキビ跡です。

このしこりの原因は、ニキビの炎症によって傷ついた皮膚組織を修復するまでの過程で、「コラーゲン組織」が過剰に生成されすぎてしまったことが原因になります。

 

人間の自然治癒能力には、何度も同じ箇所が傷つくとその場所を通常より多い成分で補強し、より大きく強くしようとする特性があります。

実はニキビ跡においても同様で、肌の同じ箇所に何度も皮膚組織を傷つけてしまうレベルのニキビができてしまうと、当然肌を構成するコラーゲン組織もそれを補おうとするためにより多く生成されるようになります。

こうしてニキビが治った後に過剰に生成されたコラーゲン組織が、肌の内側にできるコリコリしたしこりのようなニキビ跡の正体です。

 

スポンサードリンク

ニキビ跡が残りやすい人と残りにくい人との差とは?


では、実際にニキビ跡が残りやすい人と残りにくい人の違いは何なのでしょうか?

もちろんこれには個人差がありますが、その違いの一つに「習慣」があります。

ニキビ跡が残りやすい人の習慣

・1日に何度も洗顔する

・洗顔の際に顔をゴシゴシこすって洗ってしまう

・冷たい水や熱いお湯で洗顔する

・日焼け止めを塗らずに長時間外に出ている

・よく顔を触る癖がある

・生活時間が不規則

・運動不足

・便秘気味で便通が良くない

などの良くない生活習慣が多く挙げられます。

特に上から3つ目に関係する「洗顔」はニキビに非常に有効な対策となる一方で、そのやり方を間違うと治すどころか逆に悪化させる原因にもなってしまいます。

 

ニキビ跡が残りにくい人の習慣

・洗顔は泡で優しく洗っている

・スキンケアや保湿をしっかり丁寧に行っている

・日焼け止めをしっかり塗っている

・寝具や手など、よく顔に触れるものを清潔に保っている

・22時から2時のゴールデンタイムに質の良い睡眠をしっかり取っている

・たんぱく質やビタミン、ミネラルをしっかり意識した食生活をしている

・運動習慣がある

・便通が良い

以上が挙げられます。

さてあなたはどちらの習慣に多く当てはまっていましたか?

肌に優しく接することがニキビをできずらくし、結果的にニキビ跡も残りにくくなるというわけですね^^

 

最後に


はい!というわけで今回は、ニキビが治った後にニキビ跡として残ってしまう原因や、ニキビ跡の4つの種類、ニキビ跡が残りやすい人と残りにくい人との違いなどについて詳しく見てきました。

規則正しい生活とバランスのとれた食事、そして正しいスキンケアは肌のターンオーバーを正常化し、健康な肌を作り出します。

どうしてニキビができてしまうのか、どうしたらニキビを予防できるのか、どうしたらニキビ跡を残さずに治せるのか。

まずはそれらをしっかりと理解した上でお肌を守る習慣を実践することが重要です^^

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

ニキビができやすい肌とはもうさよなら!ニキビをできにくくする「近道」とは!?

顔周りのしつこいニキビに困ってない?5つの場所別の原因とケア方法解説まとめ!

あなたは間違っている!?ニキビ・肌荒れに効く正しい「洗顔方法」!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353533総閲覧数:
  • 3現在オンライン中の人数: