<生活お役立ち>もう絡まらない!傷まない!髪をサラサラにする8つの「意識」とは?

生活お役立ち

「髪の毛は女性の命!」というくらい、女性にとって髪の毛は自分を良く魅せるための重要なファクターの一つですよね。

そんな中でも、

このパサパサして傷んだ髪、どうにかならないのっ!?

って思っている方も少なくないのではないかなと思います。

きっとツヤのある綺麗な髪に憧れている方も多いですよね^^

 

スポンサードリンク

ツヤ髪は作れる


しかしあなたが思っているほど、綺麗な髪の毛を手に入れることはそこまで難しいことではないんです。

しっかりと毎日のケアをしてあげることで誰でもツヤのある綺麗な髪を手に入れることができるんです^^

そこで今回は絡まりやすく傷んだ髪とおさらばするための「髪の毛をサラサラにする8つの意識」についてお話ししていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

髪をサラサラにする方法8選


それでは本題に入っていきましょう。

ここではサラサラな髪を作るために有効となる方法を8つ紹介していきます。とは言ってもどれもさほど難しいことはありません。

ですから、できるだけ全ての方法に取り組んでいきましょう^^

 

1.ブラシを変えて髪も変えよう

ブラッシングをすると頭皮をほどよく刺激するため、頭皮の血行を良くする効果があります。

頭皮の血行が良くなることで髪への栄養もよりよく行き渡るようになることがわかっているので、ツヤのある髪作りに効果がありますよ^^

よくどこでも売っているようなプラスチックやナイロン製のブラシは材質的に「静電気」を発生させやすいので、髪を逆に傷めてしまう原因になるので極力避けたいところです。

おすすめは「木製」「豚毛・猪毛」といった毛先が柔らかくて、静電気を発生させにくいものです。目の粗いものも良いです^^

私のおすすめはアマゾンで1000円以内で購入できるこちらです!

 

2.シャンプー前にはブラッシングを

シャンプーをする前にはできるだけ一度髪をブラッシングするような癖をつけましょう。

ブラッシングをシャンプーの前にするだけで髪についてしまっている皮脂や老廃物の汚れを浮かせ、目に見えないホコリも取ることができます。

ブラッシングをしておくことで、ただシャンプーをするだけでは落としきれないような髪の汚れが取れやすくなったり、皮脂などの汚れが髪に浸透してしまうのを防ぐことに一役買っているわけです^^

 

3.シャンプーは必ず「夜」にする

髪は基本的に寝ている「夜間」に育ちます。

日中の間に付着してしまったホコリや垢、フケなどといった頭皮の汚れは「夜」の寝る前には必ず落としておくようにしましょう^^

頭皮を清潔な状態にしてから寝ることは「ツヤのあるサラサラした髪作りの基本」です。

 

4.シャンプー選びはかなり重要

自分の髪に合ったシャンプー選びも非常に重要になってきます。

ポイントは「あまり髪に余分な刺激を与えてしまわないようなもの」です。

オーガニックやノンシリコン、石鹸やアミノ酸シャンプーなどから選ぶと無難です^^

髪質に合ったシャンプーを使うことで、より自然で滑らかな髪質に変わってきます。

逆に無理に髪の汚れを落とそうとして洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと髪に必要な油分までも洗い落としてしまうので、髪のパサつきや広がり、頭皮トラブルの原因になってしまうことも少なくありません。

特に頭皮トラブルは、かゆいからとむやみに頭を掻いてしまうことで頭皮を傷つけてしまったり、フケが髪につきやすくなって、ツヤのあるサラサラ髪にとっては邪魔者にしかならないので注意が必要です。

ある程度の洗浄力と、髪の毛への優しさを合わせ持ったアミノ酸系のシャンプーもおすすめです^^

 

5.シャンプーは髪ではなく「地肌」を洗うこと

地肌は、綺麗な髪を育てるための”土壌”のような役割を持っています。

綺麗な髪は綺麗な頭皮から育ちます。そこで何よりも重要なのがシャンプーの仕方なんです。

1.まずは予洗いをしっかりとしましょう。

ただなんとなく髪を濡らすのではなく頭皮に38度くらいのぬるま湯をかけてあげて、しっかりと毛穴を開かせる意識をもってください^^

毛穴を開かせることで毛穴に詰まった皮脂や汚れを落としやすくし、頭皮を綺麗にしやすくします。

2.少量のシャンプーを手にとって伸ばし、指の腹で頭皮をマッサージします。

ポイントは頭のてっぺんに向かって、「下から上に」動かしていきます。

こちらの商品はただ頭にはめて上下に動かすだけで簡単に全方向から頭皮をほどよい刺激でマッサージできるのでとてもおすすめです^^

お店などでも売っているので、ぜひ試してみてくださいね^^

 

6.トリートメントは髪の水分を拭き取ってから

シャンプーの後にトリートメントを使用する際には、髪の水気をタオルなどで軽く拭き取ってから使うようにしてください。

水分を軽く拭き取ることで、髪へのトリートメントの浸透性も驚くほどに変わります。

ポイントは一番髪が傷みやすい「毛先」を中心に手で揉みこむように塗ることです。

※トリートメントが地肌についてしまわないように気をつけてください。トリートメントが地肌についてしまうと頭皮のニキビや吹き出物など頭皮トラブルの原因になってしまいます。

 

7.ドライヤーは距離を離して手際よく

髪をシャンプー後に生乾きの状態にしておくことは衛生上よくないので、ドライヤーをかけることは非常に重要です。

しかし、そのドライヤー自体も乾かし方を誤るとツヤのある綺麗な髪を作るには逆効果になってしまうので注意が必要です。

ドライヤーは1点集中せず、15センチほど離して左右に揺らしながら乾かすこと。

ドライヤーは髪に近づけすぎると思いもよらない髪に必要な水分までも乾かして奪い取ってしまいます。結果髪がパサパサになる原因に、、、。

また髪の主成分である「ケラチン(タンパク質)」は高温60度の熱を受け続けると熱変質を起こしてしまいますので気を付けましょう。

 

8.結局は良い生活習慣が重要

バランスのとれた食事や、生活のリズムを崩さないようにすることはやはり何よりも体にとって重要です。

体の多くの機能は体のホルモンバランスによってうまく調節されています。

極度の疲労やストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと作り綺麗な髪はおろか、

寝つきが悪くなったり、体が冷えやすくなったり、ニキビが顔にできやすくなったりと

体に多くの弊害をもたらします。

せっかく綺麗でツヤのある髪を作ろうとここまで努力してきたのですから、生活リズムや食事バランスの面でその努力を台無しにしてしまうのはとてももったいないことです。

もし今の生活習慣に自信を持って「良い」と言えないなら、もう一度自分で見直してみましょう^^

 

スポンサードリンク

最後に


今回は「綺麗でツヤのある髪は作れる」ということで、髪をサラサラにする8つの意識について紹介してきました!

8つと聞くと多いように思われるかもしれませんが、どれもいつもの生活に少しの「意識」を付け足すだけで実践できるものです。

つまり「ツヤのあるサラサラした髪」はあなたが前よりも少しだけ「意識」をするだけで作ることができるということなんです^^

なにも迷うことはありません。

少しの意識を変えるだけで、生まれ変わったような綺麗な髪を作っていきましょう^^

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【ライフハック】洗濯物を干す場所が無い?なら作ればいいじゃない^^

寝つきが良くないあなたへ!今日から始める寝つきをよくするコツ5選!

あなたを困らせる「冷え」に効く!やっておくべき4つの対策!

ニキビができやすい肌とはもうさよなら!ニキビをできにくくする「近道」とは!?

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353534総閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数: