【オセロニア】かなりオススメ!?罠・カウンタースキルデッキが想像以上に強すぎた件!

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

どうも!ワサラー情報師です!

今回は私の大好きなスマホゲーム<逆転オセロニア>で、ちょっと面白いデッキを作ってみました!

そこで今日の記事では、そのデッキの試運転も兼ねて実際のバトルの様子を実況もどきプレイしていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

面白いデッキって、、、?


実はオセロニアンの仲間内で「ネタデッキを作って戦おう!」という話になったんです。

いわゆる「おもしろ系のデッキ」です。

それで完成したデッキがこれから見せるデッキです。

ただ、面白いデッキとかいう言い方をしちゃうと、「な〜んだっ。そんなもんかよ。」ってなりそうなのであんまりよくないかもしれないんですけど、

私としては今までに組んだことのないジャンルのデッキなので、個人的にはかなり新鮮で楽しかったです!^^

組んだデッキは、、

そして、組んだデッキがこちら!

名付けて、「リフレクトトラップ」!

っていう妙なネーミングは気になさらず。^^;

このデッキはですね、見てお分かりなように基本的に罠とトラップを駆使しながら相手のHPを徐々に削っていき、終盤にシャイターンやアズリエルで一気に削り切っていくバトルスタイルのデッキになります。

シャイターンはコストが「30」とかなり重量級で、これまでは運用をやや敬遠していたんですけど、試しにいい機会なので使ってみたらこれがヤバイくらい強い。w

さあ!簡単なお話はここまでにして、詳しくはここからお話ししていきます!

 

スポンサードリンク

バトル動画はこちら


まずは動画で簡単な流れをごらんください^^

はい!という感じのバトルになります!

どうでしたか?オセロの配置の運もかなりあったとは思うんですけど、うまく罠やカウンターで相手を牽制しながら削っていけた感じがしませんか!?w

それでは実況もどき、行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

実況もどき


さあ!バトル開始です!

相手のリーダーが蘭陵王で、HPが26242となっています。なんとなく神駒が中心で間に何枚か魔駒あるいは竜駒が混じっているのかな?っていう感じですね。

私は後攻で開始手駒はこんな感じ。可もなく不可もなくの手駒です。

相手の1ターン目。

相手はアズリエルを配置してきました!初手でアズリエルです!

アズリエルの猛毒が3ターンも序盤で飛んでくると、大きくHPアドバンテージを相手に取られてしまうので、当然私としても早い段階でひっくり返したいですね。

 

私の1ターン目。配置する駒はダークアサシンとは最初から決めていました。

置く場所が普通なら右から2列目の上から2列目のマスに置きに行くところなんですが、今回も同じようにそのまま置きに行くと横1列に黒を伸ばされて結局アズリエルを返せずじまいに終わる気がしたので、

仕方がないので初手からバトルの行く末をも大きく左右するくらいの賭けに出ることにしましたw

そうです。「X打ち」です。w

これによって私は間違いなくアズリエルは早々にひっくり返すことができますが、もし次の相手のターンに駒をダークアサシンの右に置かれたら

もうその時点でオセロ負けして置くところがいずれなくなってしまい、100%負け決定です。w

たのむっ!ダークアサシン返して来い!^^;

相手の2ターン目。

きたーーーー!!!!!!(スタンプのようにw)

まじで返してきてくれましたよ!今となっては正直なんで返してくれたのかわけわかんないですw(そんなにアズリエル大事ですか、、、??)

ダークアサシンなんてコンボスキルも全然序盤じゃ大したことないのに、、、w

とまあ、理由はどうあれこれで私が勝つ確率が逆にかなり高くなりましたね!

もう相手の置く場所をどんどん無くしていって勝利してみせます!!

ここからは左上の角と辺に沿いながら無心で配置していきます^^

私の2ターン目。配置する駒は引いたばかりのトゥーミエです。

もう何も考えずに無心で角に配置します。

トゥーミエは相手が1枚ひっくり返したときに効果が発動されるので、トゥーミエ自体がひっくり返されるわけにはいかないので、角に配置することにしました!

コンボスキルも持っているので、ここで配置する駒としては正解ですね^^

相手の3ターン目。中央下にフェアリーフェンサーを配置してきました。

結構強力なA駒ですよね。わかりますわかります。配置しただけで2500近いダメージを飛ばしてくるんですから確かに強いです。

ただ、ここでトゥーミエの効果がしっかりと発動します!受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージをどちらも跳ね返すので、我ながらうまい配置だったと思います^^

スキルレベルが上がっていないので、受けた分とおなじダメージが相手にも跳ね返ります!

そして相変わらずアズリエルの毒は強いですねえ^^;

私の3ターン目。相手のアズリエルが強いので私も負けじと中央上部にアズリエルを配置。

この時点で私のアズリエルはひっくり返されることはありません。3ターンで1400のダメージが約束されます^^

与えられるダメージは迎春アズリエルの方が高いのでぜひとも迎春アズリエルも欲しいなー。w

さあ、さらにどんどん相手の置ける場所を無くしていきますよ〜??

相手の4ターン目。相手は私のアズリエルの下に神闘化L(エル)を配置してきました。

神闘化Lは盤面で表になっている間かなり強力なデバフスキルが発動しているので、すぐにでもひっきり返したいところですね。

ただ、配置された場所が私にとっては好都合な場所なので問題ナッシング!w

私の4ターン目。アゲハを先ほどトゥーミエのコンボスキルで変換された魔強化マスに配置していきます。

これで目的だったLも引っくり返せたし、3枚返しでのアズリエルとのコンボスキルも決められます!ただの罠駒にもかかわらず、6500ほどのダメージが出せたのは驚きでしたw

※ここでシャイターンではなくアゲハにしたのは相手のHP的にシャイターンでもバトルを終わらせることができないと考えたので、そのあとひっくり返されてしまうくらいならまだ取っておこうと思ったのと、

※アゲハはひっくり返されたときに特殊ダメージがあれば、そのダメージを1.5倍にして返すという罠駒なので、そちらの方が相手の駒の可能性的に有効だと考えました^^

まあ、盤面に罠駒があるだけでもいろいろ相手への牽制にもなりますし!

相手の5ターン目。すかさずアゲハをポーリュプスで返してきました。

ポーリュプスはただのカウンター駒で特殊ダメージは発生しないので、ここは残念ながらアゲハのスキルは活かせず。。。

かと思いきや、、、、!?

フェアリーフェンサーとのコンボスキルでそこそこ高い特殊ダメージが発動することを忘れていましたw

ここでやはり先ほどに置いたのがシャイターンでなく、アゲハでよかったとつくづく実感しましたね^^;

もう相手が置ける場所もほとんどなくなってきているはずですよ^^

私の5ターン目。ついに我がリーダー”闘化シャイターン”を配置していきます。

このシャイターンがねえ、ほんっとうに強い。w

スキルは出しただけで無条件で相手のHPを2200吸収するというものなんですが、通常攻撃力も考えると5000近くもHPアドバンテージを得ることができてしまうんです!

これは実際終盤で使うとその恩恵は大きいのなんのって!

ということで、相手と私とのHPの差も終盤にしてはかなりいい感じに^^

また、強力なコンボスキルも2枚以上返しで確定。素晴らしい。笑

相手の6ターン目。私のアズリエルの左にヴィルニーを配置してきました。

ヴィルニーは、盤面の駒数によって与えるダメージも増えるので、少しヒヤッとさせられましたが、9000超えのHPがあるので全然大丈夫です!^^

とはいえ4000もHPを持ってかれるのはちょっとキツイなあ^^;

私の6ターン目。臆病者の私は、「一気に削りに行って下手に相手のHPを残してしまうことで大逆転負けする」という事態を防ぐために、ヴィルニーの右にルキアを配置。

ルキアは次のターン相手は手駒の一番攻撃力の低いキャラしか出せなくなるので蘭陵王などの対策はもちろん、終盤大きなダメージを与えたいと思っている相手に大きな精神ダメージを与えることができます^^

というか「こちらの安心感」がヤバイですw(ヒアソフィアとかはもっとなんだろうなーw)

というわけで、とにかく1ターンあいての攻撃をしのぐためのワンクッションのターンでした^^

相手の7ターン目。シャイターンの左にオキクルミを配置。

オキクルミが来た時は本気で焦りました!!!オキクルミは2枚返しのところだとめっちゃ強いんですよ。。そのくせ通常攻撃力が低いのでルキアで結構釣れちゃうという、、^^;

ただ、今回は1枚しか返せないところでの配置だったので、小さな一撃ですみました。よかった^^;

私の7ターン目。というわけでこのターンで勝負を決めます。

ルキアの3つ下に、ジルドレをシャイターンとコンボを組んで配置。

ジルドレの攻撃力とシャイターンの特殊ダメージで、、、、、

勝ったあーーーーー!!!!

無事勝利しました!!

途中ヒヤヒヤさせられるところもあったんですが、罠・カウンターの特色を活かして戦えたと思いますね^^

勝負してくださった「yu」さん、ありがとうございました^^

 

罠・カウンターデッキの強い点


罠・カウンターデッキの強さはどこにあるのかについて考察してみます^^

1.相手のターンなのにダメージを与えられることが多い

罠やカウンターは特定の条件を満たしたり相手の駒にひっくり返されることで、「自分が受けるダメージを増幅させて相手に返す」ということが多いです。

これによって、自分のターンにその駒を配置した時の通常攻撃に加え、相手ターンでも攻撃に応じてかなりのダメージを与えることができます。

相手のターンでも相手にダメージを与えることができるのはかなり嬉しいです^^

 

2.相手に思ったように駒を置かせず、翻弄できる

罠駒

罠駒は盤面に配置されると相手には「?」マークの駒で表示され、どんな発動条件で発動するキャラなのかわからないので、相手ははうかつに大きなダメージを与える駒を置くことができなくなります。

通常攻撃を返すのか、特殊ダメージを返すのか、あるいはその両方を返すのか。いったいどんな条件で発動するのか。

それらがわからないだけでもかなり相手を牽制し、行動を抑制することができます^^

 

カウンター駒

カウンター駒は罠駒とは異なり、どんなキャラなのか、どんなスキルを持っているのかが相手にも一目でわかります。

そのため、相手は場合に応じてそのカウンター駒をひっくり返すのを避けることもできますし、攻撃力が低い駒でひっくり返してダメージを低く抑えることもできます。

カウンター駒も、どうしても大きな攻撃力をもった駒を相手が置きづらくなるように抑制できるので、やはり大きな役に立ちます^^

 

最後に


はい!というわけで、今回は私がネタデッキとして組んでみた「罠・カウンターデッキ」が想像以上に強かったという記事をお届けしてきました^^

現在のオセロニアではトゥナトゥナヴォルートなどの呪いデッキやジェンイーニアグランティスといった高火力竜デッキなど非常に強力なデッキも数多くあります。

そんな中でこういった罠やカウンターの駒を集めたデッキはあまり類を見ず、結構オセロニアンにとっては盲点になることが多いです^^

1枚や2枚ではあまり脅威にならない罠・カウンター駒ですが、盤面に多く集まったときの変幻自在の戦い方は相手にかなりの緊張感を与えます。

ぜひ一度このまさに魔駒らしい戦い方に酔いしれてみてはいかがでしょうか??^^

それではまた次回までワサラなら〜

オセロニアの他にも管理人の無課金でハマる超おすすめゲームアプリを以下で多数紹介しています^^

 

この記事を読んだ人は次の記事を読んでいます。

【オセロニア】初心者も勝てる!魔デッキ編成例|コスト140制限編

<逆転オセロニア>強駒追加「ニコ」の評価!あの発明家のバフスキルが超強力!?

<逆転オセロニア>逆転裁判のライバル「御剣怜侍」の評価!調整した高性能罠スキルで相手をハメろ!

<逆転オセロニア>イベント攻略50勝目&超駒ピックアップ11連ガチャ引いてみた!プレイ日記

<逆転オセロニア>怒涛のS駒ラッシュが私を襲う!クラスマッチ2017/8月シーズン戦ってみた!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353534総閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数: