【オセロニア】トルトゥーラの評価|超強力罠!進化と闘化はどっちが強い?

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

前回の新強駒「ニコ」の記事に引き続き、今回も強駒の性能評価と解説をしていていきたいと思います!

今回紹介していくのは魔属性の強駒「トルトゥーラ」です!

トルトゥーラは数ある罠S駒のなかでもかなり強力なキャラですよ^^

オセロニアのデッキの中でも罠・カウンター主体のデッキはかなり厄介で強いので、トルトゥーラはそのデッキの中でもきっと光ってくれると思います!

 

スポンサードリンク

魔S駒:「トルトゥーラ」の評価!


トルトゥーラは強駒パレードでゲットできる魔属性のS駒です。

トルトゥーラはワサラーポイントは、

トルトゥーラ(進化) 88/100点
トルトゥーラ(闘化) 91/100点

となっています!

トルトゥーラは進化も闘化も実装されており、どちらも強力な罠性能を秘めています。

罠の攻撃倍率やコンボスキルの性能などのことも考えると闘化の方が高く評価できます^^

どちらに育ててもバトルで役立つのは間違いないでしょう!

それでは順に見ていきましょう^^

 

スポンサードリンク

トルトゥーラ(進化)について


トルトゥーラの進化イラストがこちらです!

なんか物騒で大きな危ないものが背後に写っていますね^^;

さすがは罠使い。。w

 

トルトゥーラ(進化)のステータス

トルトゥーラ(進化)のステータスは以下のようになっています。

HP 1962(+50)
ATK 1450(+50)

印象としてはHPはなかなか良い感じのステータスだと思います。魔駒で2000近いHPがあるのは結構喜ばしいことです^^

攻撃力に関してはこれがちょっと複雑な心境なんです。、、、、^^;

というのも罠キャラっていうのは攻撃力がかなり重要で、攻撃力によって相手に何をおいたのかをできる限りばれないようにしなければいけません。

A駒の罠だとカミュもイヴェットもジルドレも、ピリキナータもみんな攻撃力は1250です。

この場合は相手には攻撃力1250の罠駒がたくさんいるのでどのキャラなのかバレにくいですよね?

罠キャラ駒はそういった点で、一体なんのキャラなのか相手に悟られないためにも攻撃力がどれくらいあるのかが非常に重要になってきます^^

 

特徴と使い方

それではスキルとコンボスキルについて見ていきましょう!

●スキルについて

スキルの「トーチャーオブラブ」は相手の攻撃時に発動する。その時に受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージの110%を相手に与えるというもの。

 

はい!罠駒のスキルの中でもかなり使い易いタイプのスキルですね!

注目なのが発動条件です。

発動条件は「相手の攻撃時」です。

これは相手や自分の残りHPであったりひっくり返せる枚数に一切依存することなく発動できるというものです!

相手がどんな状況で攻撃してきても確実に通常攻撃ダメージであれ、特殊ダメージであれその110%のダメージを相手に返すことができるわけです。

進化カミュなどもその系統なのでイメージはつき易いですよね^^

トゥーミエなどのいつ発動できるかわからない罠駒よりも、確実に次のターンに発動できる罠の方が扱いやすくて助かるのは間違いありません^^

特に終盤あたりに、相手が次のターンほぼ確実に大きなダメージを狙ってくるであろう時にささっと配置しておくだけでも十分牽制効果がありますし!

返せるカウンター火力はやや低いものの、かなり使い易いスキルですね^^

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「愛の鞭」はひっくり返した後の盤面の相手の駒数×140の特殊ダメージを与えるというもの。

 

こちらのコンボスキルは正直あまり使っても大した火力は出せないので、あくまでも罠スキルのおまけ程度に考えておいたほうが良いでしょう^^;

もちろん盤面の状況によっては出せる火力も大きくなるかもしれませんが、やはり実用性はそこまで感じられません。

以上からワサラーポイントは88点としました!

 

スポンサードリンク

トルトゥーラ(闘化)について


トルトゥーラの闘化イラストがこちらです!

進化の時よりも危ない物騒な道具が増えてますよトルトゥーラさん、、、?^^;

ただ身なりはイイですねw

 

トルトゥーラ(闘化)のステータス

トルトゥーラ(闘化)のステータスは以下のようになっています。

HP 1962(+50)
ATK 1450(+50)

 

はい、お気付きの方もいるかと思いますがこのトルトゥーラ、進化も闘化もステータスはHP、攻撃力ともに同値で変わりません!

ですのでこちらに関しては進化で述べた意見と同じということにしておきます^^;

 

特徴と使い方

それではスキル・コンボスキルについて見ていきましょう!

●スキルについて

スキルの「サーペントプリズン」は相手が2枚ちょうどひっくり返した攻撃時に発動できる。その時に受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージの120%を相手に与えるというもの。

 

こちらのスキルも罠スキルとなっていますが進化のスキルとは少し趣向が違います。

まず違う点が「発動条件」です。

進化の場合は相手の攻撃時に発動でするもので、次の相手ターンにはほぼ確実に発動できる「実質無条件」スキルでしたが、

このスキルは「相手が2枚ちょうどひっくり返した時」です。

2枚ちょうどひっくり返した時というのは結構よくあることなので、発動することなく終わった。。ということはおそらくないだろうと思います。

とはいえ、このようにしっかりとした発動条件がある以上はいつ発動するかわかりません。

進化のスキルとの違いは「発動の確実性」ということですね^^

もう一つの違いは「火力」です。

進化の場合は110%でしたがこちらの場合は相手に120%のダメージを返します。

発動条件が少しだけ進化よりも難しくなる代わりに、与えられるダメージ量が増えたということですね^^

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「愉悦のムチ」は盤面の駒の総数×120の特殊ダメージを与えるというもの。

 

こちらのスキルは文字通り終盤、盤面の駒が相手と自分とで合わせて多くなればなるほど効果が大きくなっていくブリス系です。

アンドロメダやオルトロスのスキルと同系統のタイプですね^^

出しうる最大火力としては、こちらはコンボスキルなので他の駒とコンボを組まなければいけないので、

MAX盤面駒数よりも一つ少ない35×120=4200ダメージ

ということになります。

こうしてみるとまあ悪くはないかもしれませんね。

ただしトルトゥーラは罠駒キャラなので盤面がこれほどまでびっしり埋まるまでこちら側が耐久することはほぼ不可能なのであまり現実的な数字とは思えません^^;

高火力にはあまり期待せずに罠を発動した後のちょっとしたダメージ付与用コンボスキルという風に認識しているのがイイかもしれませんね^^

ワサラーポイントは91点としました!

 

トルトゥーラのまとめ


進化は発動し易いがやや火力が低めの罠と弱いコンボスキル持ち。

闘化は発動に条件が付く代わりに火力が少し高くなり、やや火力もでるコンボスキル持ち。

私は罠駒としてトルトゥーラはどちらも使い易いので良いキャラだと思いますが、コンボスキルがまだ闘化のほうが使いやすく、火力も出やすいので

闘化をして運用することをおすすめします^^

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

<逆転オセロニア>魔S駒「ニューイヤーオルロソルシエ」の評価!もはや完全にオリジナルと別人な件w

<逆転オセロニア>強駒追加!竜S駒「ログウィラン」の評価!進化と闘化するならどっち?毒クエスト採用か竜盤面バフスキルか!

<逆転オセロニア>逆転裁判のライバル「御剣怜侍」の評価!調整した高性能罠スキルで相手をハメろ!

<逆転オセロニア>最新版!竜S駒「ジェンイー」の評価!グランティス超え”暗黒スキル”駒!

<逆転オセロニア>キムンカムイの評価!バフをとるか回復&特殊ダメージをとるかの究極の2択!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 356689総閲覧数:
  • 4現在オンライン中の人数: