<遊戯王デュエルリンクス>おすすめキャラ紹介!スキル「合体魔神招来」の裏技的使い方!

ワサラーGAMES, 遊戯王デュエルリンクス

どうも!ワサラー情報師です!

私はこのブログでこれまでにさまざまなゲームアプリの紹介レビューや解説を主に行ってきたのですが、

そんな中で先日は他のブロガーさんに「神式一閃カムライトライブ(カムトラ)」の記事をこれでもかというくらいにそのまま丸パクリされて困っちゃいました^^;

あんまりぐちぐち言うのは好きじゃないので、ここは思わず真似したくなるくらいにいい記事と認めてもらえたんだとプラスに考えることにします^^;

ということはさておき、、、、!

 

スポンサードリンク

登場する数多くのキャラ達


この遊戯王デュエルリンクスではプレイヤーである自分が数々のレジェンドデュエリストの中の1人となって、キャラ特有のスキルを選んだり、パックを購入してゲットしたカードを使って実際にデッキを組んでデュエルしますよね??

使えるキャラそれぞれにレベルがあり、デュエルを重ねるごとに経験値が溜まっていくことで報酬がもらえたり、新たなスキルを習得したりします。

このゲームで使用できるキャラは闇遊戯や海馬瀬人、ペガサス・J・クロフォードなどその他にも非常に多くの作中キャラが登場していて、

正直どのキャラが強いのか、おすすめが誰なのかわからないよ^^;

という方もいるのではないでしょうか?

確かに各キャラごとに覚えるスキルに特徴があったり、得意としているデッキスタイルにも違いがあるので一概にこのキャラが良いというのは難しいです。

しかし今回は、それでも私が思う「おすすめキャラ」を紹介していきたいと思います!

キャラゲットするには少し手間がかかりますが確実に強いキャラですよ^^

 

スポンサードリンク

おすすめのキャラは「迷宮兄弟」!


ずばり今回私が紹介するおすすめキャラは、、、、

迷宮兄弟」です!

迷宮兄弟は他のキャラにはない特徴のスキルを持っていて、本当に使っていて楽しいんです^^

以下では迷宮兄弟がどんなキャラなのか、どうして強いと言えるのかについて解説していきます!

 

スポンサードリンク

迷宮兄弟のスキル「合体魔神招来」が強い!


私がこの迷宮兄弟を強いと考えるのは、何と言ってもスキル「合体魔神招来」が非常に強いからです^^

このスキルは確かにデメリットもあるので巷ではよく弱いとか使えないとか言われていたりするんですけど、

実際はまったくそんなことありません。素直に強いスキルといえます^^

弱いとか使えないと文句を言っている人たちはこれから紹介する方法を知らないからです。

つまりこの裏技的方法を知っていれば、あなたも相手の中の常識を覆して、このスキルの本当の強さを最大限に使いこなすことができるようになるんです!

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

スキル「合体魔神招来」とは

スキル「合体魔神招来」は迷宮兄弟のレベルが4になった時点で習得できるスキルです。

効果はデュエル開始時に自分のライフポイントが500になってしまいますが、自分フィールド上に、

上の雷魔神ーサンガ、風魔神ーヒューガ、水魔神ースーガを召喚した状態で、かつ初期手札がゲートガーディアン1枚の状態でデュエルを開始するというものです。

※なおこのスキルで呼び出されたサンガ、ヒューガ、スーガの3体はフィールド上に表側表示で存在する限り攻撃と効果の発動ができません。

一見すると非常に強力なモンスターがゲーム開始時からすぐに召喚できているので、かなり強いスキルなんじゃないかとも思えますが、

実際はこれだけでは攻撃できず効果の発動すらもできないただの壁モンスターでしかありません。

しかしこれから紹介する、とあるカードを使うことによって上記の3体が本来の力を取り戻し、フィールド上で暴れさせることができるようになるんです!

最初から上級クラスのモンスターを召喚できる上に、それらがしっかり攻撃と効果発動とを共にできるようになればかなり心強いと思いませんか??

そんな超裏技的な方法をこれから解説していきます^^

 

3体の力を解放する裏技的カードがこれ!


上でもお話ししたように、スキルの効果によってデュエル開始時に召喚されたサンガ、ヒューガ、スーガの3体は、そのままでは攻撃も効果の発動もできません。

しかしそんな中でもただの壁モンスターと成り下がってしまったモンスター達が、とあるカードを使うことによって非常に強力で心強い切り札級のモンスターになります!

その裏技的カードがこれです!!

魔法カード「ワームホールです!

このカードは自分フィールド上にあるモンスター1体を選んで次の自分のターンのスタンバイフェイズ時までゲームから除外するというものです!

選択したモンスターはそのターンのスタンバイフェイズ時にもとのモンスターゾーンに戻ってきます。

このカードの効果で先ほどの3体のいずれかのモンスターを選択し、ゲームから一旦除外し、次の自分ターンのスタンバイフェイズ時に戻ってきたモンスターはなんと、、、、、

本来持っている効果も発動問題なくできるようになりますし、もちろん高い攻撃力で相手プレイヤーやそのモンスターにもしっかり攻撃できるようになるんです!

その証拠動画がこちらです!

どうですか??しかりとヒューガが攻撃できるようになっているでしょう??w

このように魔法カード「ワームホール」をつかって同様にサンガやスーガも選択することで、、

3体ともしっかりと本来の力を取り戻して、効果の発動も相手への攻撃もできるようになるんです!

アドバンス召喚や特殊召喚といった手間を一切かけることなくデュエル開始時に召喚した超強力モンスターの力を魔法カード1枚の効果で簡単に引き出せるようになるのはすごいことですよね!

なおこのワームホールはデュエリストとのデュエルで確率でドロップします。

ただしこのカードを使う上で少し気をつけなくてはいけないこともあります。。。

 

「ワームホール」使用上の注意点


ワームホールを使用することでサンガやヒューガ、スーガの本来の力を発揮させることができるようになりますが、その際には1つ気をつけなくてはいけないことがあります。

 

ワームホール3枚を1ターンで一気に使わないこと。

手札にワームホールがちょうど3枚揃ったからといってサンガやヒューガ、スーガを3体同時に行動できるようにするために1ターンで3枚一気に使ってしまうということは避けてください。

確かにその1ターンに3枚同時にワームホールを使えば、次の自分のターンには一気に3枚が同時に効果を発動したり攻撃したりと行動できるようになるので確かに効率的ではあります。

しかし、だからといって3枚同時に使ってしまうと実は非常に危険な状態になってしまうんです^^;

ワームホールは使うことで自分フィールド上のモンスター1体を選択してそのモンスターをこのターンゲームから除外し、次の自分ターンのスタンバイフェイズ時にフィールドに再度召喚するという効果の魔法カードです。

これを3枚同時に使うとどうなるかについては、もうお気づきだと思います。

そのターンから次のターンにかけて自分のフィールドに相手からの攻撃の壁となるモンスターが1体もいなくなり、まさにガラ空きで無防備な状況になってしまうんですね^^;

もしライフポイントが通常通り4000あるならまだいいのですが、このスキルを使う条件としてデュエル開始時に自分のライフポイントは500からのスタートとなっているので、もう相手の攻撃をダイレクトで受けている余裕は一切ないのです^^;

ですから次のターンで一気に3体が攻撃できるようにと効率を求めることはせず、同時にワームホールで除外するのは2体までにして、サンガやヒューガ、スーガのいずれか1体は相手の攻撃を防ぐ壁モンスターとして必ず残しておくようにしましょう^^

 

デッキ編成とおすすめの使い方


次にこのスキルを使ったデッキのおすすめ編成をご紹介します!

私がおすすめする「合体魔神招来デッキ」の編成がこちらです!^^

 

このデッキ編成の目的

1.デュエル中のできるだけ早い段階でサンガやヒューガ、スーガの3体の効果発動と攻撃を可能にするために3枚の「ワームホール」をなるべく早く手札に引くこと。

2.スキル発動の条件としての「500」という低いライフポイントであっという間に負けてしまわないようライフを回復できるようなカードで耐久面についても考慮すること。

以上の2点を目的としています。

 

1.「ワームホール」をできるだけ早く引くために。

このデッキではデッキ総数をわずかに22枚とできるだけ少なめに枚数を抑えて、強欲なカケラを始めとした多様な魔法・罠カードの効果でドローを早めることによってデッキ圧縮を促します。

(強欲なカケラについては初心者序盤にオススメ!「カラテマン」ワンキルデッキが強すぎる件で解説しています。)

デッキ枚数が少なめに抑えらえていることと、ドローを早めることによってとにかく早い段階で「ワームホール」を手札に引く確率を上げています^^

魔法カード「カードトレーダー」や「打ち出の小槌」は自分の手札から必要でないカードをデッキに戻すことで、枚数分デッキからカードをドローできるので、効率良く目的のカードを引くことができる可能性が高くなります!

また「魔導書整理」を使えばデッキの上から3枚の順番を好きに変えることができるので、次のターンには確実に目的のカードを引くことができるようになります。

「ワームホール」はもちろん、上記のデッキ圧縮カードを引いてさらにカードの回りを早めたりすることもできるので非常にオススメなカードです^^

 

2.あっという間に負けないために。

このスキルを使うことで自分はデュエル開始時からライフポイントがわずか「500」で始まります。さすがにこのままでは安心してろくにデュエルができないので、やはり耐久面についても考えなくてはいけません。

「生命力吸収魔術」や「ホーリーエルフの祝福」はフィールド上のモンスターの数×一定分のライフポイントを回復できるカードです。

この遊戯王デュエルリンクスでは相手と自分合わせてもモンスターは最大で6体までしか召喚できないので1枚で回復できる量には限界がありますが、それでも500という非常に心もとないライフポイントでデュエルするよりは遥かに良いです。

少なくとも一回は相手の攻撃を受けても大丈夫という安心感があるのとないのでは精神的に大きな差がありますからね^^

 

3.その他おすすめの使い方

●罠発動を食い止める

ミラージュドラゴンはモンスターゾーンに存在する限り、バトルフェイズ中の相手の罠カードの発動を封じる効果を持つモンスターカードです。

このモンスターがフィールドで表側表示で存在していれば、自分のバトルフェイズ中に相手から厄介な罠カードを発動される心配がないので、対人戦や名もなき決闘者とのデュエルで非常に活躍します!

どんな相手でもデッキに必ず相手からの攻撃に備える罠カードは入っているはずなので、その発動を抑えられるのはかなり安心感がありますよ^^

 

●確実に相手にダメージを与えるコンボ

以上の2枚を組み合わせて使うことで自分はライフポイントを回復しつつ、確実に相手にダメージを与えられるという強烈なコンボ攻撃ができるんです^^

まず「生命力吸収魔術」は先ほどにも紹介したライフポイントを回復できる罠カードです。

フィールド上の裏側表示でセットされているモンスターをすべて表側表示にし、(この時のリバース効果は発動しない)場にある効果モンスターの数×400ポイントを回復するというもの。

まずこの罠カードを自分のターンに使うことで少なくとも確実にサンガやヒューガ、スーガ3体分で1200はライフポイントを回復します。(最大で2400回復できます)

しかもこの効果によって相手の裏側表示だったモンスターが表側表示になります。

そのあとに「エネミーコントローラー」の効果で「相手フィールド上の表側表示モンスター1体の表示形式を変更する」を選択することで、表側守備表示になっているモンスターを攻撃表示に変更することができます。

そしてサンガやヒューガ、スーガであとは無防備になった相手の攻撃表示モンスターを攻撃すれば相手のモンスターをただ破壊するだけでなくしっかりとダメージを与えることができます!

このコンボを覚えておけば自分は回復しつつ、相手を確実に攻めていけるのでかなり有利に立ち回ることができますよ^^

 

まとめ


迷宮兄弟のスキルは使うことでデュエル開始時からいきなり最上級モンスターを3体もフィールドに揃えた状態から始めることができるので、やっかいな生贄を揃える手間もなくて非常に楽です。

相手はそう簡単にサンガやヒューガ、スーガの攻撃力を超えるモンスターを出すことはできないので立ち回りも非常に簡単ですよ^^

迷宮兄弟のキャラゲットミッション自体は少し難しいものもありますが、それを乗り越えた分の見返りはやはり大きいです!

皆さんもぜひ遊戯王デュエルリンクスおすすめキャラ「迷宮兄弟」をゲットして使ってみてくださいね!

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

<遊戯王デュエルリンクス>初心者序盤にオススメ!「カラテマン」ワンキルデッキが強すぎる件

<遊戯王デュエルリンクス>限定イベント「エスパー絽場」登場!サクリファイスがうまく決まりすぎた件!

<遊戯王デュエルリンクス>最強の切り札”ブラックマジシャン”降臨!?チュートリアルやってみた!

<遊戯王デュエルリンクス>オート操作でのAIは強いの?勝率を確かめてみました!(第1回)

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 357933総閲覧数:
  • 3現在オンライン中の人数: