【オセロニア】八握脛の評価|進化と闘化どっちが強い?デッキでの使い方解説!

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

みなさん!今日も逆転してますかー!?w 管理人のワサラー情報師です!

今回も現在絶賛開催中の逆転オセロニアイベントガチャ「エクパ急襲の飛刃」よりピックアップ中のキャラについて紹介していきますよ^^

このエクストラパックではリイラエルツドラッヘに続く、超強力なA駒ということで神属性のA駒ルイザもゲットできるということで話題になっています!

しかし、やはり当然ながらピックアップされている当たりS駒の性能も素晴らしいんですよ^^;

 

というわけで今回はエクパのピックアップS駒より、魔S駒「八握脛の性能評価と解説をしていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

「八握脛」って読めますか?読みは、、、


まず本題に入って行く前に初めにみなさんにお聞きしたいんですけど「八握脛」っていう文字を見て、みなさんはなんて読むかわかりましたか?

もしかしたらこの八握脛の評価を調べるために、ネットで検索してみようにもなかなか読みがわからなくてここまでくるのにも一苦労した方もいるのではないでしょうか?私も初めて名前を見た時は全然なんて読むか分かりませんでした^^;

漢数字の「八」に、握るの「握」、そしてこれがおそらく読めない人が結構いるではないでしょうか、この「脛」という漢字。

「脛」というのは体の部位を指す漢字で、読みは「すね」って読みます!足のあのぶつけたらめちゃくちゃに痛いあの「すね」です!

なんか国語の授業みたいになっちゃってますけど、「八握脛」の3文字で「やつかはぎ」と読むそうです。知っていた方はお見事!知らなかった方は覚えておきましょうね^^

前置きが長くなっちゃいましたが、それではさっそく見ていきましょう!w

 

スポンサードリンク

魔S駒:「八握脛(やつかはぎ)」の評価


八握脛は今回の逆転オセロニアガチャイベント、エクストラパック「急襲の飛刃」で新たに追加、実装された魔属性のS駒です。

八握脛のワサラーポイントは、

八握脛(進化)  83/100点
八握脛(闘化)  91/100点

となっています!

今回は進化と闘化では評価がはっきりしましたね^^

進化も使えないことはないんですけど、やはり扱いが難しいところがあるので、闘化して使うことをオススメします。

 

スポンサードリンク

八握脛(進化)について


八握脛の進化イラストがこちらです!

うん!絶世の美女!、、、、、って言いたいのに、この溢れ出る異様な雰囲気。毒々しい奇妙な妖気のような雰囲気が全面に漂っていますね^^;

 

八握脛(進化)のステータス

八握脛(進化)のステータスは以下のようになっています。

HP 2098(+50)
ATK 1234(+50)

まずHPについて見てみると2098(+50)と魔S駒の中では高いHP数値です。

このHPステータスは全キャラ中でもかなりトップクラスの数値なので、HPがそこまで高くならない魔デッキでも総HPをかなり底上げしてくれるでしょう^^

 

攻撃力について見てみると1234(+50)となんとも計ったかのような階段数字ですがこちらは魔S駒としては平均的クラスといったところでしょうか。

魔S駒としては突出して高い攻撃力数値ではありませんが、私は魔S駒ならば1200以上あれば許容範囲だと考えているので、その点では合格点だと思います。

全体としてはHP耐久型ステータスのキャラ駒といった印象ですね^^

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについて見ていきます。

●スキルについて

スキルの「異形なる抱擁」は1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。相手のHPを1450吸収し、自分のHPを回復するというもの。

 

こちらのスキルはシャイターンやカプノシアエリザベートなどと同様の吸収スキルですね。

1450という吸収量はラドラの1400よりも少しだけ強力で、HPアドバンテージは2900取れるということになりますね^^

しかし、発動条件がすこし特殊で「1枚ちょうどひっくり返せるマス」でしかスキルを発動できません。

基本的にどんな状況でもほぼ確実に1枚だけひっくり返せるマスというのは存在するでしょうが、他のキャラとのコンボスキルがうまく組めない可能性があることは理解しておかなければいけません。

吸収量としては普通に強力ですし、基本的にどんな盤面状況でもほぼ確実にスキルの発動自体は可能だと思いますが、「1枚ちょうどひっくり返せるマス」という発動条件によってコンボスキルがうまく組めなかったり、複数枚ひっくり返すことによる攻撃力アップの恩恵は一切受けられないというデメリットがあることも覚えておいてくださいね^^

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「愛憎の監獄」は1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃ダメージの115%の特殊ダメージを与えるというもの。

 

こちらのコンボスキルは通常攻撃依存の特殊ダメージコンボスキルですね。数あるコンボスキルのなかでもかなり強力な火力を出せるタイプのコンボスキルです。

ただし、その中でもこのコンボスキルは正直弱いですし、あまり使えないと思います。

理由は2つです。

1つは「発動条件が困難であること」です。

このコンボスキルを発動するには「1枚ちょうどひっくり返せるマス」でないといけません。

先ほどスキルについてお話ししていた時も同様に「1枚ちょうどひっくり返せるマス」の発動条件で発動自体はしやすいと言いましたが、これがコンボスキルとなると話は全く変わってきます^^;

スキルであればちょうど1枚だけひっくり返せるマスに配置すれば簡単に発動できますが、コンボスキルはすでにそのキャラ駒が盤面に配置されて、動かせないところからコンボを組めなくてはいけないので、発動自体が極端に難しくなります。

もちろんコンボスキルを見据えた置き方によってはこの発動条件も発動できないことはないでしょうが、私がこのコンボスキルを弱いと思う理由はもう一つあります^^;

 

もう1つは「倍率に対して火力が出にくいこと」です。

このコンボスキルは出せる火力も正直低くなるだろうということが考えられます。

というのも、「通常攻撃ダメージの115%」という攻撃倍率自体がそこまで高くないことでより一層通常攻撃ダメージの火力に依存するにも関わらず、発動条件が1枚ちょうどひっくり返せるマスなので、複数枚ひっくり返すことによる攻撃力アップの恩恵を受けられないことが大きな要因です。

こちらのコンボスキルはあまり使う機会も多くないことが想定される上、発動できても火力はそこまで高くなることは期待できないので、正直なところ使えないかなと思います^^;

ステータスとスキル・コンボスキルからワサラーポイントは83点としました!

次に闘化について見ていきます。

 

八握脛(闘化)について


八握脛の闘化イラストがこちらです!

こちらは進化よりもさらにダークな雰囲気が増したイラストになっていますね!怖い雰囲気は相変わらずですが、それでもやっぱり美人さんです^^

 

八握脛(闘化)のステータス

八握脛(闘化)のステータスは以下のようになっています。

HP 1946(+50)
ATK 1286(+50)

HPについて見てみると1946(+50)とこちらも魔S駒としては高めのHPステータスです。

進化に比べると150近く低くなっていますが、それでも依然としてかなりの高HPステータスとなっています。デッキの総HP底上げに一役買ってくれることでしょう^^

次に攻撃力について見てみると1286(+50)とこちらは進化に比べて50ほど高くなっています。

これによって攻撃力が1300にも近づいたことで単体の火力自体もそこそこ出せるようになったと思います!数値としては上の下クラスですね^^

全体としては平均以上の良いステータスをもったキャラ駒だと感じました!

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについて見ていきます。

●スキルについて

スキルの「狂愛の巣窟」はターン開始時に相手の手駒が1枚以上呪い状態の時に発動できる。この駒がひっくり返された時に受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージの130%のダメージを相手に与えるというもの。

 

こちらはエクローシアやポーリュプスなどと同様に、相手のキャラ駒にひっくり返されることで効果を発揮するカウンタースキルですね。

もともとカウンタースキルは呪いデッキや毒デッキなど、どんな魔属性デッキや混合デッキにでも基本的に相性の良い使いやすいスキルでしたが、呪いスキルと関連したカウンターというのは目新しい感じでいいですね^^

自分のターン開始時に「相手の手駒が1枚以上呪い状態」でなくてはスキルが発動できないのでいつでも発動できるわけではないですが、その分通常攻撃ダメージと特殊ダメージを130%という高い倍率で返せるのはかなり強力な性能だと思います^^

エクパのジュリスは無条件で同効果のスキルを持っているのでこちらの方が強いんですけど^^;

使い方としてはとにかくしっかりとカウンタースキルを発動するために、常に相手の手駒に呪い状態を作り出す必要があります。

ヴォルートトゥナトゥナルービスのように1度に複数枚、手駒を呪い状態にするスキルをもつキャラ駒は呪い状態が重複して同じ手駒にかかってしまうことはないので次のターンには確実にカウンターを発動できるのでオススメですし、

ラァナクリスマスドルシーのように数ターンにわたって継続して相手の手駒を呪い状態にし続けるスキルを持ったキャラも相性が非常に良いです^^

トルトゥーラなどの罠駒なども加えることで、より強力な罠・カウンターデッキを作り上げることができますね!

やや難しめの条件さえクリアしてカウンターを発動させることができれば、非常に強力なスキルだと感じました^^

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「歪んだ情愛」は自分のデッキが全て魔属性の時に発動できる。1400の特殊ダメージを与える。さらに次の相手ターン開始時に相手の手駒をランダムで1つ呪い状態にするというもの。

 

こちらのコンボスキルは最近の逆転オセロニアで増えてきた「特殊ダメージ+呪い状態」というタイプのスキルですね!

最近では同様にタイガーリリークリスマスドルシーが同系統の効果を持っていますよね^^

この手のタイプのコンボスキルはデッキを編成する上で全て魔属性にしておけば、バトルでは無条件で発動できる条件の簡単さに加え、相手の手駒に呪い状態を増やすことは忘れずに相手のHPを一気に削ることのできる瞬間火力も出せるというかなり強力な効果を持っています!

どうしても呪いデッキはダメージの与え方がじわじわと削っていくスタイルになるので、途中でちょうどよく相手のHPを削ってしまうことでヴィクトリアやエンデガが飛んできて負けるということも多々有ります。

そういった中で、呪い状態を増やすだけでなくしっかりとダメージも与えられるのはかなり嬉しいというか、助かるということがわかると思います^^

使いやすくて強力なコンボスキルですね^^

ステータス、スキル、コンボスキルからワサラーポイントは91点としました!

 

八握脛のまとめ


進化は「1枚ちょうどひっくり返す」という条件に囚われた、扱いが難しい吸収、特殊ダメージキャラ駒。

闘化は強力なカウンタースキルと、非常に扱いやすい呪いコンボスキルを持った高性能キャラ駒。

といった感じでしょうか^^

八握脛の進化と闘化では間違いなく闘化して運用する方がオススメですね!

ゲットできた方はぜひ使ってみてくださいね^^

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

<逆転オセロニア>超駒追加!魔S駒「オルプネー」の評価!史上最強の吸収スキル搭載!進化も闘化も強すぎるw

<逆転オセロニア>もう「降格」しない!?クラスマッチの負けが怖かった人も積極的にバトルしよう!

<逆転オセロニア>月曜日はオセロニア!「ハッピーマンデー」で星のかけら大量ゲットのチャンスを見逃すな!

<逆転オセロニア>竜S駒「クリスマスミューニ」の評価!進化と闘化するならどっち?盤面バフか時限バフか。

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353533総閲覧数:
  • 3現在オンライン中の人数: