【オセロニア】御剣怜侍の評価|高性能罠スキルで相手を攻める!デッキでの使い方解説!

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

さて!今回も逆転オセロニアの逆転裁判コラボキャラについての性能評価をしていきたいと思います^^

今回紹介して行くのは、逆転裁判の主人公成歩堂龍一のライバルであり、天才検事、魔S駒「御剣怜侍」です!

作中ではかなり頭の切れる優秀な人物ですが、肝心のキャラ駒としての性能はどのようになっているのでしょうか??

それでは早速みていきましょう^^

 

スポンサードリンク

魔S駒:「御剣怜侍」の評価


御剣怜侍は主人公成歩堂龍一のライバルとして前回の逆転裁判コラボで魔駒枠のS駒として追加実装された、魔属性のS駒です。

御剣怜侍のワサラーポイントは、

御剣怜侍(進化) 85/100点
御剣怜侍(闘化) 88/100点

となっています。

御剣怜侍は進化と闘化の両方が実装されていますが、そのどちらの性能もまずまずとったところでしょうか。

進化よりは、新規実装された闘化の方が当然ながら優秀な性能だと思います^^

それでは進化、闘化の順にみていきましょう。

 

スポンサードリンク

御剣怜侍(進化)について


御剣怜侍の進化イラストがこちらです!

周りに書類が撒き散らされてるっww

天才検事の巻き起こす風で大切な書類がwww

 

御剣怜侍(進化)のステータス

御剣怜侍(進化)のステータスは以下のようになっています。

HP 1922(+50)
ATK 1450(+50)

まずHPについてみてみると1922(+50)と、こちらは魔S駒としてはなかなか高いHP数値だと思います。

魔S駒としてはややHPが低くなりがちであるというネックがありますが、これくらい高いと安心感がありますね^^

次に攻撃力についてみてみると、1450(+50)とこちらも魔S駒としては高めかなと感じる攻撃力数値ですね。

しかしながら、この御剣怜侍は罠駒なので、下手にS駒だと相手に認識されるとちょっと警戒されがちです。

うまく1250ほどに調整して、相手にA駒の罠だと誤解させることができれば、かなり上手な使い方ができると思います^^

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについてみていきましょう。

●スキルについて

スキルの「天才検事の所以」は相手が1200以上の通常攻撃を与えてきた時に発動できる。その時に受けた通常攻撃ダメージの130%を相手に与えるというもの。

 

この罠スキルはなかなか結構強力だと思います^^

つかいやすさ、発動しやすさで言えばかなりのレベルだと思いますね。

ただ「1200以上の通常攻撃ダメージ」が飛んできた瞬間に反応してしまうので、結構な弱小ダメージでも反応してしまうことがあり得ます。

いわゆる反応しやすすぎるということですね^^;

仮に1200最低限で計算した場合、

1200×1.3=1560という計算になります。

まあ、130%(すなわち1.3倍)にして返すというのもS駒としてはもう少し欲しいかなとうのが正直なところですかね。^^;

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「ロジックチェス」は盤面の駒の総数×115の特殊ダメージを与えるというもの。

 

このコンボスキルは盤面の駒数に応じて効果が大きくなるブリス系特殊ダメージコンボです。

こちらに関しても正直使えなくはないですが、そこまで頼り甲斐のあるコンボスキルとも言えないと思います。

「×115」というダメージ量であれば正直A駒でも匹敵するキャラはいますからね^^;

全体的にS駒の性能としてはやや弱くてA駒の罠でも代用が効くかなという印象を受けました。

ワサラーポイントは85点としました!

 

スポンサードリンク

御剣怜侍(闘化)について


御剣怜侍の闘化イラストがこちらです!

やっぱり書類が舞ってますねww

 

御剣怜侍(闘化)のステータス

御剣怜侍(闘化)のステータスは以下のようになっています。

HP 2072(+50)
ATK 1450(+50)

HPについてみてみると、2072(+50)とこちらは進化に比べてさらに高くなっています。

デッキの総HPを底上げしてくれるでしょう^^

次に攻撃力数値についてみてみると、1450(+50)とこちらは進化と同値ですね。

攻撃力の高さとしては申し分ないですが、闘化の御剣怜侍も同じく罠駒なのでA駒に見せるための偽装をするとより楽しめるかもしれませんよ^^

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについてみていきましょう。

●スキルについて

スキルの「立証してみせよう」は相手が1000以上の特殊ダメージを与えてきた時に発動できる。その時に受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージの135%を相手に与えるというもの。

 

この罠スキルは私としてはなかなか優秀だと思います!いい感じです^^

まず評価できるのが「1000以上の特殊ダメージ」で反応するところです。ジルドレみたいなイメージです。

イヴェットやピリキナータだと、数百だとかそんな毛の生えたような弱小ダメージにももれなく反応してしまって無駄になってしまうことが多かったんですが、

この発動条件なら弱すぎるダメージは無視で、確実にある程度のダメージが与えられるのは間違い無いので、これは褒められる発動条件だなと感じました。

また、返せるダメージの対象が特殊ダメージのみでなくその時の通常攻撃ダメージも返せるというところ。しかも135%(1.35倍)で。

これは強い。。。強いぞ。。。

最近ではキングニューイヤーオルロジンオウガなど、「ひっくり返した枚数×1000の特殊ダメージ」のスキルを持ったキャラが増えてきたので、もしかしたらうまく1枚返し等でダメージは最小限に抑えられてしまうかもしれませんが、普通に優秀な罠スキルだと思いますね^^

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「たどりついたコタエ」はライフバーストで、ターン開始時、盤面お自分の魔駒が2枚以上ある時に発動できる。自分のスキル発動時のHPが減少するほどダメージが上昇し、最大で3800の特殊ダメージを与えるというもの。

 

こちらのコンボスキルもやはり微妙なんですが、進化に比べればよっぽど有用だと思います。

ライフバーストとして最大3800の特殊ダメージが出せる分では妥協範囲で良しとしますが、

盤面に自分の魔駒が2枚以上ないと発動できないのはちょっと辛いかなというのが正直なところではあります。

まあ罠駒のコンボスキルはまず罠のスキルが発動してからでないとコンボも発動できないので、急いで発動できる必要もないのですが、それでもいざという時に発動できないことが考えられるのはちょっと辛いですね。。

ただ、発動できたとして最大でも3800の特殊ダメージが盤面の状況に関係なく出せるとすると有能です^^

ワサラーポイントは88点としました!

 

御剣怜侍のまとめ


進化はステータスは良いもののスキルやコンボスキルの性能がどちらもA駒で代用の効くレベルの罠キャラ駒。

闘化は優秀なステータスと優秀で使い勝手のいい罠スキルを持った高性能な罠S駒

ということがわかりましたね!

御剣怜侍のうまく相手をハメるという戦い方がうまく性能として現れている気がしましたね!

使うとすれば闘化させて使うことをおすすめします^^

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

<逆転オセロニア>逆転裁判コラボの竜S駒「ゴドー」の評価!相手に角を取られると強力な超火力が出せるのか!?

<逆転オセロニア>強駒「トルトゥーラ」の評価!強力な罠を仕掛けて相手を返り討ちにしよう!

<逆転オセロニア>強駒追加!魔S駒「ククルカ」の評価!可愛い顔して超厄介!強力カウンター&ダメマス生成が懐かしいw

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353533総閲覧数:
  • 3現在オンライン中の人数: