【オセロニア】カップ戦仕様変更&「ルチル」の評価!報酬駒がさらに高性能に!?

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

今日は新たに発表された逆転オセロニアのニュース記事をみなさんにお届けしたいと思います^^

いまやクラスマッチと同じくらいにおなじみとなった逆転オセロニアのバトルイベント「カップ戦」がこの度2018年6月より一部仕様が変更されます!

以前クラスマッチも仕様変更が行われ、一定のクラスよりは降格しないようになりましたが、今度は「カップ戦」にも仕様変更が行われるようですね^^

 

なにやら今度のカップ戦の仕様変更は今後の報酬キャラのゲット方法や性能に変化が起こるとのことですが、、、一体どんな仕様に変更されるのでしょうか?

それではさっそく見ていきましょう^^

 

スポンサードリンク

6月カップ戦「パールアルケミスト杯」開催!


まずは6月度のカップ戦についてです。

今月2018年6月は「パールアルケミスト杯」が開催されます!

カップ戦のルールややり方については大きな変更はありませんので、奮って挑戦してくださいね。

 

スポンサードリンク

報酬駒「ルチル」について


まずは今月のカップ戦報酬駒「ルチル」がどんなキャラなのか見ていきましょう^^

ルチルは進化がなく、闘化のみが実装された神属性のA駒です。

 

神A駒:「ルチル」の評価

ルチルのワサラーポイントは、

ルチル(闘化) 87/100点

としました!

スキルもコンボスキルも特殊ダメージスキルを搭載していますが、いずれも属性による縛りがないので神デッキはもちろん混合デッキでも使いやすい汎用性の高いキャラとなっています。

かなり使い勝手の良い高性能なAキャラ駒ですよ^^

 

ルチルの闘化素材

ルチルの闘化素材は上の画像の通りです。

ゴールドカーバンクル 2体
シルバーカーバンクル 3体
ブロンズカーバンクル 4体

この素材を見てどう思いましたか??

一見カーバンクルばっかりとか難しそうって思いましたか?

でもよくみるとこのカーバンクルたち、これまで使い道がなくて駒箱を圧迫していたいわゆる「余り物駒」じゃありませんでしたか?w

そうなんです、非常に高性能なカップ戦の報酬駒達がみな闘化だけになり、これからこういった余りがちなカーバンクルが闘化素材になるそうなんです^^

これまで使い道がなくて駒箱を圧迫し続けていて、残しておくか売ろうか迷っていたみなさん!

ぜひ捨てずに残しておくと必ず使い道が出てきて役に立つので、ぜひ残しておきましょう^^

 

ルチル(闘化)のステータス

ルチル(闘化)のステータスは以下のようになっています。

HP 1612(+25)
ATK 893(+25)

まずHPについて見てみると1612(+25)と神A駒としてもなかなか優秀な高耐久HP数値です。

 

攻撃力についてみてみると893(+25)とこちらはかなり低めの設定ですが、スキルの汎用性の高さを考えると全く問題ありません。

蘭陵王よりも攻撃力が低いのでルキア対策にもなってくれるのも嬉しい点です^^

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについて見ていきましょう^^

●スキルについて

スキルの「ラッキー★アルケミー」は特殊ダメージスキルで、ひっくり返した枚数×700の特殊ダメージを与えるというもの。

 

このスキルは魔A駒レイネールと全く同じスキルです。

「ひっくり返した枚数×700」というダメージ量は、同系統のスキルをもつメーティスやソードヴァルキリーなどと比べてもダントツに高い火力スキルとなっています^^

 

ひっくり返した枚数によって相手に与えるダメージ量が低火力から高火力へと自在にコントロールできる点がこのスキルの大きな強みです。

ひっくり返す枚数を1枚や2枚など少なめに調整することで、低いダメージでイヴェットやピリキナータなどの特殊罠を解除することができます。

もしそれで発動しなければその罠がジルドレか、あるいはひっくり返した時に発動する罠駒だと考える判断材料にもなりますからね^^

逆に、3枚以上など多くひっくり返せる盤面になっている場合はこのスキルがあれば特殊ダメージだけで2100以上もの高火力を出すことも可能です。

発動条件もなく汎用性が高いのでどんなデッキでも運用することができますよ^^

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「ネオ☆コンパウンド」はライフバーストで、ターン開始時の盤面の駒の総数が14枚以上の時に発動できる。スキル発動時の自分のHPが減少するほどダメージが上昇し、最大で3500の特殊ダメージを与えるというもの。

 

A駒キャラのライフバーストは3000前後に収まることが多いのでこの3500のライフバーストはかなり優秀ですね。

発動条件として「盤面の駒の総数が14枚以上」といつでも使えるわけではなく、発動できるようになるのは中盤以降からになります。

この発動条件は少しだけネックではあるものの、ライフバーストは本来中盤以降から終盤で活躍できるスキルなので、悪くはないですね^^

火力自体は十分高いので、終盤一気に相手を倒しきるフィニッシャーとしてのポテンシャルもありますよ!

ワサラーポイントは87点としました!

 

スポンサードリンク

カップ戦が仕様変更!


では次に「カップ戦の仕様変更」についてお話ししていきますね^^

今回からカップ戦の報酬駒における仕様が変更されます。

報酬駒の獲得条件が変更!

はい。このとおりです。

6月のカップ戦「パールアルケミスト杯」以降、仕様変更により報酬駒の獲得条件が変わります。

これまでは開催期間中に30勝すればその回の順位に関係なく報酬駒を獲得することができていましたが、

仕様変更後からは「カップ戦で10000位以内に入る」ことが条件になります。

少し獲得条件が厳しくなるといいうことですね。

 

この条件変更についてはオセロニアプロデューサーけいじぇいさんによると、

「30勝で終わりにせず、より高い順位を目指して最後までカップ戦を楽しんでもらえるように」との思いがあるようです。

この理由にはなるほどなぁって思いました。正直私も30勝が終われば役目を終えたかのように他のイベントを回ったりしていましたからね^^;w

でも他にもやりたいイベントがたくさんある分、カップ戦につきっきりで時間を使わなくちゃならなくなるのはちょっと困るというのが正直なところです。。。^^;

また、理由はもう1つあってですね、

「これからのカップ戦の報酬駒自体が様々な特徴を持った駒として登場できるようにするため」という狙いもあるそうです。

特徴を持った駒というのは、要するにこれまでも優秀だった報酬駒がさらに高性能になるということだと思います。

だから、そんな強い駒をこれまで通りにもが簡単に手に入れられるようではいけないということなんでしょうね^^

 

10000位に入れなかった場合は、、?

カップ戦の報酬駒をゲットするためには30勝すれば良いのではなく、1万位以内に入らなければいけないことはわかりました。

では10000位以内に入れなかった人たちはどうなるのでしょうか?もう獲得するチャンスはないのでしょうか?

答えは「NO(ノー)」です。しっかりと買う得できるチャンスはあります^^

実はこれまでもそうでしたが、これまでのカップ戦報酬駒はゲットできなくても6ヶ月経過した時点でバトルコインショップで交換できるようになってきていたんです。

エンデガやイスクード、先ほどのレイネールなども同じようにかつての報酬駒でしたが現在ではバトルコインショップで交換することが可能です。

 

しかし、この仕様変更後からはその期間がカップ戦終了後6ヶ月経過してからバトルコインショップに追加だったのが、3ヶ月経過後に早くなります。

つまり1万位に入ることができず、その時に獲得できなかったとしてもこれまでより早くバトルコインで交換できるようになるというわけです^^

これは嬉しい仕様変更ですね^^

 

最後に


はい!というわけで今回は6月度のカップ戦「パールアルケミスト杯」の報酬駒ルチルの評価と、以降のカップ戦の仕様変更について詳しくお話ししてきました!

ルチルは非常に汎用性が高くて使いやすい上に、闘化素材も非常に簡単でぜひとも使ってみたいキャラでしたね^^

仕様変更については報酬駒の獲得条件が厳しくはなるものの、しっかりとユーザーのことを考えた施策もあるんだなとわかってよかったですね。

これからもオセロニアを一緒に楽しんでいきましょう!

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【オセロニア】フォーリンボンバー杯報酬「シャローム」の評価|長宗我部元親と比較!2000を制すものはバトルを制す!?

【オセロニア】サマーブリザード杯「グラキエス」の評価|優秀な罠スキルと通常依存の特殊ダメージコンボ搭載!

<オセロニア>「ブライダルアドラ&ベルゼ」の評価!デッキで使える分岐闘化おすすめはこれ!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353534総閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数: