【オセロニア】初心者も勝てる!魔デッキ編成例|コスト140制限編

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

みなさんこんにちは!ワサッとブログ♪管理人のワサラー情報師です!

 

逆転オセロニアの駒には「神」「魔」「竜」の3属性があり、それぞれの属性には特有の特徴やバトルスタイルがあります。

それぞれの属性の駒が秘めた持ち味をいかに大きく活かし、どれだけ力を引き出せるデッキを編成できるかがオセロニアをプレイする上ではもっとも難しいことであり、同時に大きな醍醐味でもありますよね^^

 

しかし、オセロニアを始めてまだ間もない初心者の方にとってはまだ、それぞれの属性のキャラ駒でどのキャラが強いのか、どんな風にキャラ同士を組み合わせれば強いデッキが組めるのか、よくわからない人も少なくないことと思います。

 

スポンサードリンク

初心者必見!コスト140編成の勝てる「魔」デッキ


というわけで今日の記事では、オセロニアを始めたばかりの初心者でも組みやすい「勝つための強い魔デッキ編成」を<コスト140編成>で3つ紹介していきます!

魔デッキとは?

オセロニアのデッキはキャラ駒が16枚で1つのデッキとなりますが、「魔デッキ」はその1枚の駒のうち10枚以上が魔駒で編成されているデッキのことを言います。

コスト140でのデッキ編成はクラスマッチでのシルバークラスまで使うことができますよ^^

 

以下で紹介していくデッキであれば、同ランクの相手なら余裕を持って戦えることでしょう^^

 

初心者だけど、魔駒で勝てるデッキを組んで戦いたい!という方に非常におすすめの記事となっていますので、ぜひ最後まで目を通していただければ幸いです^^

 

初心者が優先的に入手・デッキに編成すべき超おすすめA駒も数多く出てくるので、ぜひ合わせてお読みくださいね^^

↓↓関連記事↓↓

 

それではさっそくみていきましょう!

 

スポンサードリンク

1.魔属性らしさ満載!「ギミックの魅惑」


まず1つめの編成例は、「相手を翻弄して好き勝手させないスキル」をたくさん盛り込んだ、ギミックが満載で魔属性らしさが前面に出たデッキ編成です^^

 

デッキの特徴と解説

このデッキは「ギミックの魅惑」をコンセプトに毒、罠、カウンター、無効、手駒ロックなど魔属性キャラ特有のギミックスキルを使いこなしながら戦っていきます。

 

バトル中、相手を常にスキルで翻弄しながら、気づけば盤面ごと自分が操作している楽しさを味わうことができますよ^^

もちろん高火力な通常攻撃や特殊ダメージもしっかりと出すことができ、HPもしっかり削っていけるため、かなり面白みのあるデッキ編成となっています。

 

バトル中の立ち回り

このデッキでバトルする際には、編成したキャラたちのスキルを考えて高火力要員」「補助ダメージ要員」「時間稼ぎ要員」の3つの役割を理解する必要があります。

 

●高火力要員


高火力要員は、文字通り相手に強大なダメージを与える仕事を担う、いわば戦闘部隊です。

このデッキではリーダーのヨシノ、マスティマ、ファウスト(コンボスキル)の3体が当てはまります^^

・ヨシノ

リーダーのヨシノは相手の残りHPが多ければ多いほど大きな特殊ダメージを与えられるスキルを持っています。

リーダーに設定して初手で配置するだけで、通常攻撃ダメージと合わせて合計5000〜6000近い超火力を出すことが可能です^^

バトル開始時点からかなり大きなHPアドバンテージが得られるため、相手は焦るのはもちろん、こちらもその後の展開がしやすくなります^^

 

・マスティマ

マスティマは「決戦!定番魔駒」で入手できる魔A駒で、盤面の盤面の自分の魔駒が多ければ自身のATKに2倍のバフをかけて攻撃できるまっすぐな高火力バフアタッカーです。

魔A駒版アルンといったイメージです。

 

自分の盤面の魔駒1枚につき1.2倍(マスティマ以外魔駒が0でも)になり、盤面に4枚以上(マスティマ+魔駒3枚以上)あれば最大倍率2倍で攻撃できますよ^^

2倍バフ時にはどれくらいの火力が出せるか計算してみると、

ひっくり返す枚数 ダメージ
1枚 2456【1228(+25)×2倍】
2枚 2947【2456×1.2】
3枚 3536【2456×1.44】

このように2枚ひっくり返せるだけで3000近いダメージを出すことができます。

 

他のキャラの持つバフや通常依存の特殊ダメージコンボスキルと組み合わせることで、マスティマ単体のみの攻撃よりもさらに大きなダメージを出すことが可能です。

※最大倍率「2倍」で攻撃できなければマスティマの火力はかなり下がってしまうため、確実に盤面に魔駒が3枚以上ある状態の時に使いましょう。

 

・ファウスト

ファウストはコンボスキルの面で「高火力要員」の役目を担います。

ファウストのコンボスキルは「3枚以上ひっくり返せるマス」と難易度の高めな発動条件ではあるものの、

コンボを組んだ時の「通常攻撃の1.7倍の特殊ダメージ」という驚異の超火力ダメージを与えることができます!

効果的な例として1番高火力な通常攻撃ダメージが出せて相性が良い、上のマスティマと組み合わせた場合、

3536(マスティマの2倍バフ+3枚返し)でコンボを組むことで、、

ファウストは、3536×1.7=6011(3536×1.7)というフィニッシャークラスのダメージを出すことができ、

合計すると9547という1万近い破格の超大ダメージを与えることができるんです^^

 

ヨシノの序盤高火力特殊ダメージスキルと、マスティマ(スキル)+ファウスト(コンボスキル)のコンビで相手のHPをごっそりと削っていきましょう。

 

●補助ダメージ要員


補助ダメージ要員は毎ターンごとに地道に確実に相手のHPを削っていく、いわば援護部隊です。

このデッキでは罠、カウンター、毒、呪いスキルを持ったキャラ駒が当てはまります。

 

・ジルドレやピリキナータの罠やポーリュプスのカウンターで相手からダメージをさらに大きくして返すことでダメージを与える。

(罠とカウンタースキルだけで組んだネタデッキでもかなり強いですよ^^)

 

・ファウストとコカトリスの盤面の毒スキルや、ツヴァイクフントなどの呪いスキルで相手の通常攻撃や特殊ダメージを軽減する防御スキルも無視して攻撃。

 

というように、これらの補助ダメージ要員のキャラはバトルの序盤から終盤への進行に伴って少しずつでも確実に相手のHPを削っていくことが非常に重要になります。

ここでいかに大きく相手のHPを消耗させられるかによって勝敗の行方は大きく変わるため、個々のダメージが小さいからとはいえ侮ってはいけません。

 

●時間稼ぎ要員


時間稼ぎ要員は相手からの攻撃に1ターンでも長く耐え、こちらが攻撃するチャンスを少しでも増やすために活躍する役割を担います。

このデッキでは進化ヒカキソ(闘化でも可)、ルキア、アヌビスが当てはまります。

・進化ヒカキソ

進化ヒカキソは盤面で表になっている2ターンの間、相手のATKを20%減少させることができるため、実質2回分相手のキャラ駒から受ける通常攻撃ダメージが20%減少されます。

2回も受ける通常攻撃が20%分抑えられると、かなり被ダメージを抑えることができるので延命できる可能性が高まります^^

 

・ルキア

ルキアは”手駒ロック”スキルを搭載しており、次の相手ターン、相手は1番ATKの低いキャラ駒しか使えなくなります。

そうなれば必然的にこちらが受けるダメージも減らせるため1ターンを延命できる可能性がかなり高くなります。

さらに、相手の手駒にあるオーラスキルキャラを引っ張り出すことにも使えるため、相手の作戦もめちゃくちゃにできる非常に優秀なA駒ですね^^

初心者が優先的に編成したいオススメのA駒でも詳しくお話ししています。

 

・アヌビス

アヌビスは「2枚ちょうどひっくり返せるマス」というやや難易度の高い条件で発動でき、盤面の相手のキャラ駒のコンボスキルをランダムで2つ無効にします。

 

オセロニアのバトルはいかに盤面のキャラ駒のコンボスキルを有効に活用できるかがそのまま勝敗に大きく影響します。

そんな重要なコンボスキルを2つも無効にしてしまう(=発動できなくする)というのは本当に強力ですし、心強いですからね^^

特にコンボスキルを組まれると大打撃を受ける恐れのある竜デッキに対しては絶大な効果を発揮します。

竜デッキを相手にアヌビスを打てればまず勝利は確定すると言っても過言ではないでしょう。

魔駒の織りなすギミックチックな戦術で相手を翻弄しちゃいましょう^^

 

スポンサードリンク

2.じわじわ相手を蝕む!「毒と呪いの旋律」


次に2つ目の編成例は「毒」と「呪いスキル」を持ったキャラを中心に、相手が防御や罠を仕掛けてきても関係なくじわじわ確実に相手を追い詰めていくデッキです。

 

デッキの特徴と使い方

このデッキ編成はダメージソースとして相手の防御スキルや罠スキルによる妨害を受けない「毒ダメージ」と「呪いダメージ」の2つを採用した、じわじわ相手を追い詰めていくバトルスタイルになります。

高火力アタッカーやフィニッシャーを編成していないため瞬間的な火力は劣ります。

しかし、盤面で長く存在することでダメージ量がターンごとに上昇していく”猛毒”スキルを搭載したリーダー「へイラン」を筆頭に、毎ターン確実に相手のHPを削り取っていくことができます。

 

バトル中の立ち回り

このデッキで戦うには以下で挙げる2つのことに意識してください。

●毒キャラはひっくり返されづらい辺に配置する。


このデッキには「盤面で表になっている間」効果を発揮し続ける毒キャラが数多く編成されています。

こう言ったキャラ駒はひっくり返されない限りずっと仕事をし続けてくれて、確実に相手のHPを削ってくれます。

なので、配置する際には必ずひっくり返されにくい盤面の辺や角に配置していきましょう。

 

また、特にターンを経るごとにどんどん毒ダメージ量が増え続けていく最強の毒スキルをもつヘイランは、このデッキの超重要なキーキャラ駒です。

先攻でも後攻でも流石に初手に配置してはすぐにひっくり返されてしまうため、代わりに2手目にはひっくり返されにくい辺に配置しましょう。

2手目でうまく配置できれば中盤あたりからは毎ターンごとに1000を超える毒ダメージを与えることができるため、かなり高火力な毒ダメージを体験できますよ^^

必ず2手目には配置できるように、ヘイランは必ずリーダーにしましょう。

デッキコストが増えてキャラ駒も増えてきたら、ゆくゆくは最強の毒バフスキルを搭載した超駒「ラァナ」も組み込めばとんでもない毒デッキになります。

 

●相手の手駒に呪い状態を多少無理してでも増やす。


呪い状態は相手の手駒に多く蓄積すればするほど、与えられるダメージは大きくなります。

呪いスキルを持ったキャラは基本的に配置したターンで仕事を役目を完了するため、先ほどの毒キャラとは違いキャラがひっくり返されても大丈夫です。

その代わりに少しなら無理なオセロをしても良いので、スキルとコンボスキルをしっかりと繋いで、できる限り相手の手駒に多く呪い状態を増やしていきましょう。

 

ゲーム内ショップで期間限定で販売されるストラクチャーセット「Master of Curse(マスターオブカース)」を購入すると、呪いスキルを搭載したキャラを数多く入手できるのでおすすめですよ^^

 

こんなキャラを入れるのもおすすめ!

毒と呪いダメージを合わせたこのデッキですが、どちらかというと毒スキルによっています。

そこで、、、、

デッキの毒スキルキャラの代わりに上記2体、Masetr of Curseで必ず入手できる魔S駒「ヴォルート」と魔A駒「レクソーブ」に入れ替えて使ってみると、呪いデッキのバトルスタイルに寄ったデッキに変わりますよ^^

じわじわとHPを削り取る毒と呪いダメージで、相手の戦意も削り取っていきましょう^^

 

真正面から力押し!「剛腕の悪魔」


最後3つ目の編成例は魔駒のATKを1.3倍にするオーラスキルを搭載した「アズマリア」をリーダーに、高い攻撃力を持ったキャラ駒を数多く組み込んでいます。

魔属性特有のギミックに頼らずとも持ち合わせたの剛腕の力で相手をねじ伏せるデッキ編成です^^

 

デッキの特徴と使い方

このデッキは、魔属性駒がもともと持っている変則的なスキルを利用しながらも、リーダーのアズマリアのリーダーオーラスキルやフォボスのオーラスキルで全体的な攻撃力を底上げし、

高火力な通常攻撃を盤面上で他キャラのバフコンボや通常依存の特殊ダメージコンボと組み合わせることでより大きなダメージを出せる、かなり攻撃的な一面を併せ持ったデッキです^^

 

バトル中の立ち回り

このデッキで重要になるキャラは、魔S駒アズリエル、イザナミとカロン、リイラの4体です。

これらのキャラはそれぞれ盤面上でしっかりと仕事をしつつも、コンボを組むと非常に強力なダメージを生み出すポテンシャルを秘めていますよ^^

・アズリエル

アズリエルは盤面で表になっている3ターンの間毎ターン1400もの高火力毒ダメージを与えることができる、初期からオセロニアを支えてきた超駒です。

毒ダメージだけでも合計4200も相手のHPを削ることができ、非常に高火力なダメージソースです。

また、アズリエルの強みは何と言ってもコンボスキルですね。

「2枚以上ひっくり返せるマス」という発動しやすい条件で、通常攻撃ダメージの1.5倍の特殊ダメージを与えることができる「通常依存の特殊ダメージコンボ」です^^

先ほどのマスティマとファウストのコンビネーションみたいな感じですね。

 

このデッキのアタッカーであるマスティマやカーミラと合わせることで合計1万近いダメージを出すことができますよ^^

 

・イザナミとカロン

イザナミとカロンはともに高倍率なバフコンボを搭載したカウンター駒です。

カウンタースキルは相手によってひっくり返されることで一定分のダメージを相手に返すことができるので、ひっくり返されても良い駒です。

しかしイザナミとカロンの場合は、強力なバフコンボも持っているので、仮にひっくり返されなかったとしてもコンボスキルで相手を圧倒することができます。

イザナミは盤面に魔駒が4枚以上あれば最大「2倍」という高倍率バフをかけることができますし、カロンはHPが50%以下になって入れば無条件で固定1.5倍のバフをかけることができます。

ひっくり返されても返されなくても相手にプレッシャーを与え、こちらに利がある使い勝手の良いキャラ駒だと言えますね^^

 

・リイラ

リイラは相手のATKを1ターンの間40%も減少させる強力なデバフスキルを持っています。

このスキルは攻撃的なスキルではありませんが、自分のHPが0になって負けてしまっては元も子もないので相手からの被ダメージを抑えることはやはり重要です。

特に40%減少のデバフは相手の攻撃をほぼ半減するということになるので、1ターン延命できる可能性がかなり高まります^^

そして、このリイラのもう1つの強みがコンボスキルです。

「2枚ちょうどひっくり返せるマス」というやや難し目な発動条件ではありますが、通常攻撃ダメージの140%(=1.4倍)の特殊ダメージを与えることができる通常攻撃依存の特殊ダメージコンボです。

先述したアズリエルやファウストのコンボスキルも同系統のものです。

通常攻撃依存の特殊ダメージスキルは、コンボを組むキャラの通常攻撃の大きさによって火力は天と地ほどに差が出ます。

 

なるべく攻撃力が大きいマスティマやカーミラなどと合わせるとで8000〜9000ほどの高火力ダメージを出すことも可能ですよ^^

 

魔駒の変則的な一面もうまく利用しながら、高火力なダメージを相手に与えて竜デッキとは違った”剛腕”を見せてあげましょう!

 

最後に


はい!というわけで今回は、初心者でも組みやすい「勝つための強い魔デッキ編成例」を<コスト140編成>で3つ紹介してきました^^

同じ魔デッキでも編成するキャラが異なることで、趣向も全く変わり、バトルスタイルもガラリと変わるのが魔属性キャラの面白いところですね。

どれも実際に使ってみるとそれなりに使いやすいですし、強いです^^

だいたい同じレベルの相手とマッチングするようになっているオセロニアでは、同じコスト140のデッキ編成であればかなり勝てるデッキだと思いますよ^^

ぜひ参考にしてデッキを組んでみてくださいね!

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【オセロニア】スタンプ完全攻略|変え方や入手法、煽りとスタンプオフなど詳しく解説!

【オセロニア】初心者がデッキに編成したいおすすめA駒キャラ9選!ダイマスの私が教えます!

<逆転オセロニア>かなりオススメ!?罠・カウンタースキルデッキが想像以上に強すぎた件!

<オセロニア>超強いA駒「リイラ」の評価!デッキ編成や使い方/入手法を解説!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353534総閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数: