【ポケクエ】ポケモンクエストの面白い点を紹介!四角く可愛い大冒険RPG!

アプリ紹介, ワサラーGAMES

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

 

一足早くニンテンドースイッチ(switch)で無料配信されていた新作ゲーム「ポケモンクエスト(ポケクエ)」がついに、、、、

6月27日水曜日の午後よりスマホ版にもリリースされましたね!

実は私、このポケモンクエストはすでにスイッチ版でプレイしていたんですが、アプリ紹介ブログを運営している身として、新たにアプリ版が登場すると聞いてやらないわけにはいかないですよね!?w

 

もともと私ワサラーは、昔からポケモンが大好きでゲームボーイからDSなど数々のシリーズをプレイしてきた、生粋のポケモン好きです^^w

アマゾンでポケモンナノブロックを買って、めちゃくちゃ完成度の高いリザードンを作ったりもしましたからね!w

 

スポンサードリンク

ポケクエに興味がある方へ!


というわけで今回は、まだポケモンクエスト(ポケクエ)についてよくわからない!という方やまだプレイしてないよ!という方へ向けて、

●ポケクエはどんなゲームアプリなのか?

●面白い点やつまらないところは?

など、ブログで実際にやってみたプレイレビュー記事をお届けしていきたいと思います^^

それではさっそくみていきましょう。

 

スポンサードリンク

ポケモンクエスト(ポケクエ)ってこんなゲーム!


ではまず、ポケモンクエストが一体どんなゲームなのか、どんなプレイ要素があるのかについてお話ししていきますね^^

ポケモンクエストは可愛いポケモンたちのフォルムが四角く、さらに可愛くなって、壮大な島を舞台に仲間を増やしながら冒険するRPGゲームです^^

ポケットモンスター赤・緑のポケモンたちが数多く登場します。

今作では全く新しいシステムを導入しながらも「ポケモンといえば!」という昔懐かしい要素や醍醐味も盛りだくさんですよ!

 

ポケモンといえば壮大な冒険!

ポケモンクエストでは、「カクコロ島」という島を舞台にポケモンたちと力を合わせながら探索し、貴重なお宝を探しながら冒険していきます。

島のそれぞれの場所でたくさんのタイプのポケモンが出現します。

立ちはだかる敵に応じてポケモンの特性やワザの相性をうまく考え、使いこなして進んでいきましょう^^

 

ポケモンといえば最初の仲間との出会い!

最初にポケクエでは、ポケモンといえばもはや外せない「最初の仲間」を選ぶことができます。

これまでは通常「くさ」「みず」「ほのお」の3タイプの御三家の中から選ぶことが多かったのですが、

このポケモンクエストでは最初の仲間は、次の5体の中から選ぶことができます。

ポケモン タイプ ATK HP
ピカチュウ でんき 131 71
ヒトカゲ ほのお 126 76
フシギダネ くさ 76 126
ゼニガメ みず 101 101
イーブイ ノーマル 101 101

それぞれステータスに特徴もありますが、平均するとどれも「101」で同じです。

好きなポケモンを選んで、壮大な冒険に出かけましょう!^^

 

料理を作って仲間を集める!

ポケモンといえば、いろんなタイプの数多くのポケモンを仲間にして、さらに強い相手に挑むのが醍醐味の1つですよね^^

もちろんポケモンを仲間にして戦う」というポケモンゲームらしい楽しい要素は今作でも健在です!

今回のポケクエではモンスターボールでポケモンを捕まえるということはしませんが、その代わりにベースキャンプで”料理”をし、その匂いにつられてきたポケモンを仲間にするというシステムになっています^^

使用する材料の種類や量に応じたレシピによって完成する”料理”は変わり、それに応じて仲間にやってくるポケモンも変わりますよ!

いろんな料理を作ってレシピを発見して、たくさんのポケモンを仲間にしましょう!

 

ポケモンといえば育てて強化!

ポケモンクエストでは、ポケモンたちを戦わせて経験値を得ることでレベルを上げて強化するだけでなく、

「特訓」や「ストーン装備」でもポケモンをより強く育てることができます!

特訓はポケモン同士を特訓させることで、ベースとなるポケモンに経験値を与える強化要素です。

※特訓で相手となったポケモンはいなくなってしまうため注意が必要です。

ストーンはポケモンに装着するだけで効果を発揮する”装備アイテム”です。

ストーンを装備するとポケモンのステータスを高めるだけでなく、中には移動速度アップや急所に当たる確率を上げる特殊効果を持ったものも存在します。

わざストーンを装備すればポケモンのわざの性能をより高めることも可能です。

ポケモンを強く育てて、強敵と戦いながら島のより深部まで冒険しましょう!^^

 

ポケモンといえばバトル!

四角く可愛くなっても、ポケモンバトルの迫力と爽快感はそのままです!

基本的にはポケモンたちは敵を見つけると自動で向かっていくセミオートバトルで、プレイヤーはポケモンのわざが溜まったら発動するだけの簡単操作ですよ^^

同じポケモンでも持っているわざが違ったりステータスにも特徴が出てきたりと、バトルだけでも相当楽しめると思います。

見た目は可愛く、迫力は満点のポケクエバトルを楽しんでくださいね^^

 

”もようがえ”で見た目を可愛く、メリットも!

もようがえ」はこれまでのポケモンタイトルではなかった今作だけのゲームシステムです。

ホームとなるベースキャンプを様々なアイテムでもようがえすることで、可愛く、かっこよく飾ることができます^^

ポケモンに扮したクッションやフラッグ、アーチなどでベースキャンプを飾ると見栄えがかなり良くなりますよ!

※もようがえアイテムは報酬で獲得できたり、フレンドリィショップで購入することで入手できますよ^^

 

●もようがえのメリット

また、もようがえにはメリットもあります。

もようがえアイテムにはそれぞれ特殊効果があり、ベースキャンプに配置することで恩恵を受けることができますよ^^

「得られる属性の材料1.5倍」や「特訓での獲得経験値2倍」など、プレイする上で非常に役に立つ効果が得られるんです!

もようがえをしてキャンプを可愛く飾り付けながら、効率よくポケクエを攻略していきましょう!

 

スポンサードリンク

ポケクエの面白い点/つまらない点


上記ではポケモンクエストがどんなゲームなのか、どういう要素があるのかについてお話ししてきました。

ポケモンクエストについて大まかにわかったところで、では次にポケクエを実際にプレイしてみて感じた面白い点とつまらなく感じた点についてお話ししていきます。

 

ポケモンクエストの面白い点

今作の面白いところは冒険で集めた材料を使って”料理”を作り、ポケモンを仲間にするというシステムはとても面白いなという風に思いました。

材料によって出来上がる料理も多数の種類があり、それによって仲間になるポケモンも変わります。

少しづつレシピを変えながら試行錯誤して、どんな料理でどんなポケモンが仲間になるのか試してみたい!という方には非常にオススメできるゲームです!

伝説のポケモンも仲間にできるようなので、試行錯誤を繰り返してみてくださいね^^

 

ポケモンクエストのつまらない点

ポケクエはバトルでポケモンを全て自分で動かして、攻撃をひょいひょいと避けつつ一方的に攻撃したいというアクションゲーム好きにはあまり向かないかもしれません。

というのも、先ほども少しお話した通りポケクエのバトルは、わざを使うタイミングを見極めてタップ操作するだけの「セミオート」の仕様です。

アクションゲーム好きのプレイヤーの方にとってはこのバトルシステムは物足りないものに感じてしまうかもしれません。

私はみているだけで可愛くて癒されるタイプなので気になりませんが、もしバリバリ操作したい!という方には向かないゲームだと思いますね^^;

 

最後に


はい!というわけで今回はニンテンドースイッチ(switch)用に先行配信され、スマホ版でもリリースされたポケモンシリーズ「ポケモンクエスト(ポケクエ)」の

●どんなゲームなのかの紹介

●面白い点やつまらない点

についてお話ししてきました^^

ポケモンのシルエットが四角くなっていて、動いているところも見ていて非常に可愛くて癒されますし、ポケモンを集めてバトルする昔ながらの醍醐味もしっかりあって、やり込み要素も十分ある良作だと感じましたね。

ぜひポケモン好きな方や可愛いもの好きには1度試して見てほしいなと思います^^

ポケモンクエスト

ポケモンクエスト
開発元:The Pokemon Company
無料
posted withアプリーチ

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【キャラスト】忙しい人ほど楽しめる!キャラバンストーリーズの紹介と4つの面白い点まとめ!

【デジライズ】デジモンリアライズの面白い点を紹介!エリスモンが可愛すぎて辛い・・・

驚くほど11連ガチャが引ける「ドラエグ」は面白い?つまらない?こんな人におすすめ!

【テリアサーガ】つまらないとかありえない!ログボ超豪華でセミオートバトルも簡単!

<クラフトウォリアーズ>リセマラ必要なし!可愛いキャラで敵町を攻略しよう!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 353536総閲覧数:
  • 2現在オンライン中の人数: