【オセロニア】スルトの評価|リベンジスキルの使い方を考察!ヒアソフィアとの使い分けは?

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

 

今月も逆転オセロニアに「超駒パレード」がやってきましたね!

しかも今回は新たに超駒が追加されていますよ^^

というわけで今回は魔属性のS駒「スルト」の性能評価と解説をしていきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

スルトの評価と入手


スルトは今回のオセロニアの毎月恒例ガチャイベント「超駒パレード新たに追加・ピックアップ中の魔属性のS駒です。

入手について

スルトは、毎月月末に開催されるガチャイベント「超駒パレード」で入手可能です。

スルトのワサラーポイントは、

スルト(進化) 85/100点
スルト(闘化) 92/100点

スルトは登場時点で進化と闘化どっちも実装となっています。

進化はオセロニア初の特殊ダメージ吸収スキルと、扱いやすい枚数特殊コンボを搭載した面白いキャラ駒。

 

闘化は相手のATKを激減させるデバフスキルと、終盤になる程威力が上がるブリス系特殊コンボを搭載した攻守バランスの取れたキャラ駒。

となっています。

おすすめは扱いやすい闘化ですね^^

それでは以下で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

スルト(進化)について


スルトの進化イラストとスキル/コンボスキルがこちらです。

スルト(進化)のステータス

(進化)のステータスは以下のようになっています。

HP 2067(+50)
ATK 1457(+50)

まずHPについてみてみると、2067(+50)と魔S駒では高いHP数値です。

こちらも魔デッキのHPを高めるのに役立ちますね^ ^

 

次に攻撃力についてみてみると、1457(+50)と魔S駒では平均よりもやや高めのATK数値です。

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについて見ていきましょう。

●スキルについて

スキルの「炎剣レーヴァテイン」は自分のデッキが全て魔属性のとき、直前の相手ターンに特殊ダメージを受けている時に発動できる。相手のHPをその時に受けた特殊ダメージの60%を吸収し、自分のHPを回復するというもの。

 

こちらはオセロニア初登場となる新スキル「リベンジ」です!

直前の相手ターンで与えられた特殊ダメージの大きさに応じて、相手のHPを吸収して回復することができます。

 

このスキルは性能としては強いですが、使える相手が限られるのが1つネックです。

特殊ダメージが大きなダメージソースとなる神デッキが相手であればこのリベンジスキルは大きな力を発揮できます。

しかし、相手が竜デッキや呪いデッキ、毒デッキなどの特殊ダメージをほとんど必要としないバトルスタイルであった場合はまず使い物になりません^^;

もちろん回復耐久相手でも同様です。

 

相手が大きな特殊ダメージを放ってきた時に手駒になければ意味がないのと、魔染めデッキでしか使えないということにも注意が必要になります。

とても面白いスキルではありますが、扱いが難しいスキルと言えるでしょう。

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「破壊者の一撃はひっくり返した枚数×1000の特殊ダメージを与えるというもの。

 

こちらは闘化シャイターンのコンボスキルに似た枚数特殊コンボですね。

このタイプのスキルの良いところは高火力から低火力までコントロールしやすい点です^^

ひっくり返す枚数によってダメージをある程度調節できます。

一気に大ダメージを与えたければ3.4枚ひっくり返すことで3〜4000もの高火力特殊ダメージを出すことができますし、

相手が罠を配置してきた場合はあえて1枚返しにとどめることで罠回収することもできます^^

 

発動条件もなくコンボを組むだけで使える点も評価できます。

ワサラーポイントは85点としました!

 

 

スポンサードリンク

スルト(闘化)について


スルト闘化イラストとスキル/コンボスキルがこちらです。

スルト(闘化)の闘化素材

スルトの闘化素材は以下の通りです。

キュクロプス(S)×2体
ボルクス(S)×2体
ウィルメッテ(A)×3体
ユリウス(A)×3体

いずれも闘技場で勝利したり、決戦イベントをクリア攻略することで確率でドロップしたり、報酬としても獲得できます。

 

積極的に挑戦して必要分揃えましょう。

 

スルト(闘化)のステータス

スルト(闘化)のステータスは以下のようになっています。

HP 2052(+50)
ATK 1472(+50)

まずHPについてみてみると2052(+50)と魔S駒では高いHP数値です。

魔デッキのHPを高めるのに役立ちますね^ ^

 

次に攻撃力についてみてみると、1472(+50)とこちらも魔S駒では平均よりもやや高めのATK数値です。

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについて見ていきましょう。

●スキルについて
スキルの「灼熱の大地」はデバフスキルで、ターン開始時の自分のHPが50%以下の時に発動できる。盤面で表になっている1ターンの間、相手のキャラ駒のATKが99%減少するというもの。

 

こちらは1ターンの延命に使える強力なデバフスキルです。

同系統のスキル持ちには神闘化アディやヒアソフィアなどがいますね^ ^(ヒアソフィアは無条件ですが。)

自分のHPが半分以下になった時点で発動できるようになるので、魔属性デッキはもちろん混合デッキでも起用できます。

デッキのコンセプトや属性などに関わらずに使用できる汎用性の高さが1つ大きな魅力で優秀なスキルと言えるでしょう^ ^

 

またこの手の延命デバフスキルは基本的にHPが50%になって以降に使いたいスキルなので、発動条件との相性もそこまで悪くありません。

しかし、攻撃型の神デッキや竜デッキの場合はまれに自分のHPが半分以上残っている段階から一気に削り切ってくることもあるので注意も必要です。

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「融けゆく世界」は盤面の駒の総数×130の特殊ダメージを与えるというもの。

 

こちらはバトル終盤になるほど効果が大きくなるブリス系の特殊コンボスキルです。

終盤で活躍できるスキルとも噛み合っていますね^ ^

「盤面の駒の総数×130」というダメージ単価も高めで、なかなかの高火力が期待できます。

 

スキルで1ターン延命し、コンボスキルで一気にフィニッシュを狙っていきましょう^^

 

ワサラーポイントは92点としました!

ステータスや無条件ということを考えるとヒアソフィアの方が上ですが、スルトはコンボスキルが攻撃型なので、その点での使い分けができますね^ ^

 

最後に


はい!というわけで今回は超駒パレードの魔属性のS駒「スルト」の性能評価と解説をしてきました。

進化はオセロニア初の特殊ダメージ吸収スキルと、扱いやすい枚数特殊コンボを搭載した面白いキャラ駒。

 

闘化は相手のATKを激減させるデバフスキルと、終盤になる程威力が上がるブリス系特殊コンボを搭載した攻守バランスの取れたキャラ駒。

ということがわかりましたね^^

スキル上げについて

現在オセロニアでは、スルトと同名のスキル/コンボスキルを持ったキャラはいないため、スキル上げをする際はフェアリーを合成する必要があります。

闘化スルトはここぞという場面で使いやすい延命デバフを搭載しているためぜひともスキル上げしておきたいですね^^

それではまた次回までワサラなら~

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【オセロニア】ハガレンコラボ「エドワード」の評価|デッキでの使い方を解説!

【オセロニア】アディの評価!3属性の分岐闘化おすすめと使い方を解説!

【オセロニア】サマーロスカの評価|強力デバフ&怨念スキルで呪いデッキに相性ぴったり!

 

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 388287総閲覧数:
  • 4現在オンライン中の人数: