【オセロニア】アルジュナの評価|驚異の80%カット竜鱗!デッキでの使い方解説!

ワサラーGAMES, 逆転オセロニア

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

 

逆転オセロニアの超難関決戦イベント「最凶クエスト」の攻略に役立つキャラが多数入手できる型やイベント「希望の唄」が今回もやってきましたね!

今回は神S駒「レアー」、魔S駒「モルモー」、竜S駒「アルジュナ」の3体が新たに追加、ピックアップされています。

というわけで今回はピックアップキャラ駒のうち、竜S駒「アルジュナ」の性能評価と解説をしていきたいと思います^^

それではさっそく見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

アルジュナの評価と入手


アルジュナは最凶クエスト攻略に役立つキャラが数多くゲットできるオセロニア季節限定ガチャイベント「希望の唄」でピックアップ中の竜属性のS駒です。

入手について

アルジュナは、今回の希望の唄ガチャを引くことで確率で入手可能です。

アルジュナのワサラーポイントは、

アルジュナ(進化) 60/100点
アルジュナ(闘化) 70/100点

アルジュナは登場時点で進化と闘化どっちも実装となっています。

・進化は竜駒の火力をかなり底上げできる時限バフスキルと、固定倍率のバフコンボを搭載した竜駒らしいキャラ駒。

・闘かは相手の毒・呪い・吸収ダメージを激減させる竜鱗スキルと、捕食コンボを搭載した暗黒竜デッキに向いたキャラ駒。

おすすめは強力な竜鱗スキルを持つ闘化ですね^^

 

それでは以下で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

アルジュナ(進化)について


アルジュナの進化イラストがこちらです。

アルジュナ(進化)のステータス

アルジュナ(進化)のステータスは以下のようになっています。

HP 1560(+50)
ATK 1635(+50)

まずHPについてみてみると1560(+50)と、竜S駒では平均的なHP数値です。

 

次に攻撃力についてみてみると1635(+50)とこちらも竜S駒では平均的なATK数値ですね。

ステータスとしては特筆すべき点はありません^^

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについて見ていきましょう。

●スキルについて

スキルの「神器・光祁の弓」は時限バフスキルで、発動した2ターン後に以下の効果を誘発する。このターンの間自分の手駒の竜駒のATKが1.7倍になるというもの。

 

こちらは自分の竜駒の火力をかなり上昇させることのできる時限バフスキルです。

2ターン後の時限効果で竜駒のATKが1.7倍になるという点では進化トレグレニグと同じですが、貫通効果は付与されないという点で進化トレグレニグの下位互換のスキルです。

 

元々のATK数値が高い竜駒の攻撃力を1.7倍にするとなれば、バフコンボを1つ組んだ分に匹敵するほどの攻撃力アップなのでかなり強力と言えるでしょう。

しかし、罠やカウンターが数多く存在する現環境では貫通性能を持たない通常攻撃は少し危険です。トレグレニグがあればそちらを使うべきですね。

 

ちなみに、2ターンという時限バフはやや使いづらく、速攻性の必要な竜デッキでは特に扱いが難しくなります。

また竜デッキにおいては貴重なS駒枠はバフ要員を入れるより、なるべくジェンイーベルーガケルカナフなどの高火力貫通アタッカーを編成した方が良いでしょう。

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「ライジングショット」はバフコンボスキルで、ターン開始時の盤面の駒数が12枚以上の時に発動できる。ATKが1.8倍になるというもの。

 

こちらは固定倍率のバフコンボスキルです。

バフ倍率は「1.8倍」と高い上に増減することなく固定なので優秀なのですが、ネックはその発動条件。

このコンボスキルは「盤面の駒が12枚以上」でないと発動できません。

竜デッキのバトルスタイルは序盤から高火力スキルと高倍率バフコンボをガンガン組んで攻める形になるため、序盤から発動できないこのコンボスキルは相性が悪く全く噛み合っていません。

 

チャージ竜デッキや、中期戦のバトルに持ち込む暗黒竜デッキであればまだ使える機会はあるかもしれませんが、やはり序盤から発動できないのは竜デッキで使う上ではマイナス評価です^^;

ワサラーポイントは60点としました!

 

スポンサードリンク

アルジュナ(闘化)について


アルジュナの闘化イラストがこちらです。

アルジュナ(闘化)の闘化素材

闘化素材は以下の通りです。

ヴェークロスト(A)×3体
ラルガ(A)×3体
アシエール(A)×3体

いずれも闘技場で勝利したり、最凶・決戦イベントをクリア攻略することで確率でドロップしたり、ミッションなどの報酬としても獲得できます。

 

積極的に挑戦して必要分揃えましょう。

 

アルジュナ(闘化)のステータス

アルジュナ(闘化)のステータスは以下のようになっています。

HP 1968(+50)
ATK 1162(+50)

まずHPについてみてみると、1968(+50)と竜S駒ではかなり高いHP数値です。

かなり耐久力のある竜デッキを作ることができそうですね^^

 

次に攻撃力についてみてみると、1162(+50)と竜S駒ではかなり低いATK数値ですね。

ステータスとしては暗黒竜デッキ向きのステータスという感じです^^

 

特徴と使い方

では次にスキルとコンボスキルについて見ていきましょう。

●スキルについて

スキルの「破邪の一閃」は竜鱗スキルで、ターン開始時の手駒が2枚以上呪い状態の時に発動できる。盤面で表になっている4ターンの間、受けた毒・呪い・吸収ダメージを20%にするというもの。

 

こちらは相手の毒・呪い・吸収ダメージをわずか20%にするというかなり強力な竜鱗スキルです。

魔デッキの基本的なダメージを4ターンもの長い時間にわたって80%カットと激減させることができるのでかなり優秀な性能を秘めていると言えます。

防御倍率が20%というのは冒険マルガレータと同様にかなり高い防御率かつ、防御ターンも1ターン分長いので性能は上ですが、

発動条件が「2枚以上呪い状態」と少し厳しいのがネック。

 

冒険マルガレータは「竜染めデッキ」であれば発動できるため、扱いやすさはかなり劣りますね。

・高性能ならアルジュナ。

・扱いやすさなら冒険マルガレータ。

という使い分けができそうです。私なら発動しやすくターンも3ターンと十分長い冒険マルガレータをおすすめします^^

 

●コンボスキルについて

コンボスキルの「アローオブグリント」は捕食コンボで、自分のデッキが全て竜属性で自分の手駒が1枚以上呪い状態の時に発動できる。ATKが1.5倍になる。さらにこのターン与えた通常攻撃ダメージの30%のHPを回復するというもの。

 

こちらは通常攻撃ダメージに応じて回復量が変化する捕食コンボスキルです。

実はスキルに竜鱗、コンボスキルに捕食コンボを搭載した組み合わせはオセロニアでは初で、暗黒竜デッキでは貴重なキャラ駒です。

 

まさに暗黒竜デッキのためのキャラ駒という感じですが、残念あがらバフ倍率も回復量もS駒としてはイマイチ。。決して強くはありません。

 

リーダーに自分の手駒を呪い状態にできるアイトワラスやヴィグラスに設定しておけば基本いつでも発動することが可能になりますよ^^

ワサラーポイントは70点としました!

 

最後に


はい!というわけで今回は「希望の唄」ピックアップキャラ駒のうち、竜S駒「アルジュナ」の性能評価と解説をしてきました。

・進化は竜駒の火力をかなり底上げできる時限バフスキルと、固定倍率のバフコンボを搭載した竜駒らしいキャラ駒。

・闘かは相手の毒・呪い・吸収ダメージを激減させる竜鱗スキルと、捕食コンボを搭載した暗黒竜デッキに向いたキャラ駒。

ということがわかりましたね^^

スキル上げについて

現在オセロニアでは、アルジュナと同名のスキル/コンボスキルを持ったキャラはいないため、スキル上げをする際はフェアリーを合成する必要があります。

アルジュナは強力な竜鱗スキルを持ってはいますが、あまり噛み合った性能ではないためスキル上げの優先度は低いです。

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【オセロニア】モルモーの評価|シャイターンに並ぶ吸収!デッキでの使い方解説!

【オセロニア】トレグレニグの評価!本当に強い?使い方やデッキ編成について考えてみた!

【オセロニア】冒険マルガレータの評価!新スキル「竜鱗」でベルゼ呪い1強体制ぶっ壊そうよ。

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 356692総閲覧数:
  • 4現在オンライン中の人数: