【お金を増やす心理学】稼ぎたいなら「人に●●●●を言いなさい」ってマジ!?

有益な知恵, 生活お役立ち

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

 

今日は少し、いつもよりもダークというか現実的なお話をします。

 

 

スポンサードリンク

お金持ちはやはり羨ましい。


いきなりいやらしい話で申し訳ないのですが、やっぱり生きていく上では”お金“ってとても大事ですよね^^;

「世の中金だ。」とか「お金がなければ何もできない。」という言葉があるくらい、誰しもお金が重要なものだということは理解できているはずです。

確かに「お金で愛は買えない」というロマンチックで素晴らしい言葉もありますが、それでもやはりお金が全くなければその愛もきっと長続きしないでしょう。

 

お金持ちな資産家とまではいかないまでも、ある程度生活に余裕をもってずっと過ごしていけるとしたら、それはすごく幸せなことだと思うんですよ^^

 

というわけで今日は、私ワサラー情報師がこれまでに学んできた心理学的に有効と言える「お金の貯め方・稼ぎ方」についてお話ししていきたいと思います。

 

なお、ここでは具体的に投資をしたらいいとかせどりや転売をしたらいいとかそういった手法についてではなく、心理学的にどのように行動するような習慣をつければ良いのかということに重点を置いてお話をしていきます。

もし具体的にお金を稼ぐ手法について知りたい方は

ポイントサイトのモッピーの利用と、

 

メルカリでの不要になったものを出品して売る

 

の上記2つをおすすめしていますので、そちらも合わせてご覧くださいませ^^

それではさっそくみていきましょう。

 

スポンサードリンク

お金を増やすなら、人に自分の「●●●●」を言いなさい。


現在働いている方も、これから働きに出る学生さんも、おそらく将来的にお金を稼ぎたいとかお金をたくさん増やしたいと考えているはずです。

これは間違いなくみんな同じです。

となったときに、実は心理学の領域から見るとかなり有効と言える方法があるんですよ^^

 

ではここでクイズです。

ではここですぐに答えを言ってしまうと面白くありませんから、1つクイズにお付き合いください。

もしあなたが将来的にお金を増やしたいと思っていて、「それなら、人に●●しなさい」と言われたとしたらあなたは何をしたら良いと思いますか?

 

・人に頭を下げる?

・人に媚を売る?

・絶対増やして返すから。と言って借りる?

 

などと言ったように、色々と考えた方もいるでしょう。

そして、確かに上記のどれも間違いではありません。

人に頭を下げて融資を受けることで結果的に成功した方もいるでしょうし、人に媚を売ることで自分自身を気に入ってもらって成功した方もいるでしょう。

もちろん中には、人から借りたお金で1発当てて増やしたという方も少なからずいるはずです。

 

しかし残念ながらこれらは全て最終的に「運が良くてお金が稼げただけ」です。

心理学的な見方をすると残念ながらそれは長くは続きません。絶対に。

 

心理学での正解はこうするんです。

ここまで読んできて、「じゃあどうすればいいんだよ!!」と思った方、安心してください。

決して難しいことではありませんから^^

 

これから将来的にお金を稼ぎたいとか、お金を増やしたいと考えている方は、、、

周囲の人に、将来稼ぎたい自分の”目標金額”を言ってください。

 

ただそれだけです。簡単でしょ?^^

もちろんそれ以外にも応用は可能です。

例えばもし今5キロ痩せたいのなら、家族の誰かや近くの友人、気になる人でも構わないので「これから1ヶ月で5キロ痩せるから!」と一言伝えてください。

例えばもし今月バイトで10万円稼ぎたいのなら、バイト先の先輩や店長、もちろん友人でも家族でも構わないので「今月は10万稼ぎます!」と一言伝えてください。

 

おそらく伝えた瞬間にこう思うはずです。

「あ〜、、マジで言っちゃったよ^^;」ってねw

その逃げ場のなくなったような気持ちが何よりも大切なんです。

重要なのは自分の目標をしっかりと”明確な数字”で人に伝えること。ただそれだけです^^

※ただし、あまりにも大きすぎて明らかに達成できそうにないような目標を立てるのはやめましょう。

 

スポンサードリンク

有言実行の心理テクニック!「パブリックコミットメント」


お金を稼ぎたいなら「人に目標金額をいいなさい」というお話をしてきましたが、正直これだけでは納得がいかなかったり、腑に落ちないという方も少なくないことでしょう。

ということで、ここではなぜ人に目標を公言することでお金が増えるのかを説明していきます^^

 

「パブリックコミットメント」とは?

“パブリックコミットメント”は、主に学校教育やビジネスの場で実際に幅広く使われている心理テクニックの1つです。

 

例えば、アパレル店員のあなたが個人の売り上げをより向上させたいと思っていた時に、偶然上司から「あなたは月にどれくらい売り上げたいの?」と聞かれたとします。

それに応える時に、

・力を合わせて、ときに周りと競い合ながら毎月の売り上げをもっと増やしたいです!

・力を合わせて、ときに周りと競い合ながら毎月の売り上げを今の2倍に増やしたいです!

 

さて、あなたならどちらの方が自分でよりやる気になりますか?

おそらく多くの方は後者の方がなんとなくやる気が起きるのではないでしょうか^^

 

このように、パブリックコミットメントは自分の目標を実際に人に対して具体的に言うことで、より具体性を高め、有言実行させやすくするという心理学的な効果があるんですね。

 

心理学研究でも効果あり!

実は実際にお金を稼ぐことに関してパブリックコミットメントについての研究を行なった事例もあるんですよ^^

実験の参加者を、

・目標金額を周りの人に対して言ってから仕事に臨んだAグループと、

・目標金額を誰にも言わずに、漠然と仕事に臨んだBグループ

の2つに分けて、参加者全員にやった分だけ報酬が見込める歩合制の仕事を割り当てます。

そして実際に同じ期間中、同じ仕事をこなしてもらった結果、目標金額を人に対して言ってから仕事に臨んだ前者のAグループの方が平均して1.6倍ほど多くお金を貯めることができたんですね^^

実験期間内という短い期間でもこれだけ明確な違いが出たのですから、より長い人生というスパンで考えると、どれだけ稼ぎに大きな違いが出てくるかは計り知れませんね!

 

「パブリックコミットメント」で成功できる2つの理由。

・周囲に対する責任感

パブリックコミットメントでは、自身の打ち立てた目標を周囲の人間に公言することで働く心理効果です。

もし自身で立てた目標を自分の中で留めておくだけだと、それが達成できなかったとしてもほとんどの場合は自分の中で「今回は残念だった。」で終わるだけで周囲からの目や印象はほとんど気になりません。

つまり失敗したとしても自分の中だけで自己完結できてしまうわけです。

 

しかし一方で、この目標を1度周囲の人間に公言して仕舞えば、今度はそうはいきません。

その目標が達成できなかった場合には先ほどと同じように自分の中だけで完結させることはできず、目標を公言した周囲の人に対しては少なからず恥ずかしい気持ちやなんだか申し訳ない気持ちが生じます。

それだけでなく、自分の能力が周囲から低く見られるようになるという一種の恐怖感も同時に起こります。

人間は誰しも他の人から能力が低く見られることを恐れて嫌がる生き物ですから、できる限りそんな事態だけは避けようとします。

 

だからこそ、ここではその心理を逆に利用するわけです^^

あえて人に到達すべき目標を伝えることで、それを達成できなかったときに自身を低く見られないためにもなんとかして達成しようとする。

ある意味自分で自分の逃げ場をなくすことができるわけですね。

自分をつい甘やかしてしまうというあなたにオススメですよ^^

 

・具体的な段取りが見える

そして理由はもう1つ。

実は具体的に“数字”を交えて公言することで、その目標は格段に具体性が増して、実現しやすくなるんです。

例えば、先ほどの例をもう1度見てみると、、、、

・力を合わせて、ときに周りと競い合ながら毎月の売り上げをもっと増やしたいです!

・力を合わせて、ときに周りと競い合ながら毎月の売り上げを今の2倍に増やしたいです!

前者の場合は、売り上げを”もっと”増やしたいと言い、

後者の場合は売り上げを”2倍”に増やしたいと言っています。

 

前者の「もっと」という表現はかなり抽象的で分かりづらく、いざ実際に達成しようにもどれだけ売り上げが増えたら達成したことになるのかが自分にも他人にもよくわかりませんよね?

達成条件がわからないから、達成するための段取りも全く見えないんです^^;

 

しかし一方で後者のように「売り上げが2倍」と明確な達成条件がわかれば、それを達成するための段取りがかなり見えやすくなります。

売り上げが2倍になれば目標達成なのですから、

・3000円の服1着を売るよりも、6000円の服1着を売ることに尽力すれば達成できますし、

・同じ値段の服を5着売るところを、10着売るように注力すれば達成できます。

このように数字が見えるからこそ、段取りが見えて作戦が立てやすくなるわけです。

逃げ場がない状況をあえて作りつつ、達成しやすくするための段取りを見えるようにすることがパブリックコミットメントによる有言実行の秘訣なんですね^^

 

最後に


はい!というわけで今回は、心理学的な領域から見た有効なお金の稼ぎ方・増やし方について「パブリックコミットメント」という心理効果を元に紹介してきました^^

人は周囲から自分がどう見られているかや、自身の持たれている印象に大きな関心を持っています。

そして、具体的なゴールを見据えることができて初めて、そこに至るまでの段取りやステップを考えることができる生き物です。

将来大きく出世したいあなた。お金持ちになりたいあなた。成功を収めたいあなた。

これから身の回りの人に自分の具体的な目標を伝えてみてくださいね^^

ちなみに私はまずブログだけで毎月100万円稼げるようになってみせます!w

心理学でお金は今の5倍は稼げるようにコントロールできるようですよ^^

もっと心理学で収益を上げたい方はこの本が役に立ちます!

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます^^

【米軍が採用!】全く眠れなかった兵士の96%が、わずか2分(120秒)以内で寝落ちしたリラックス睡眠法!

“お皿”で止まらない食欲を抑える!無理せず続く心理学的ダイエット法!【食事制限・イライラなし】

【恋愛心理学】告白の成功率を2倍にアップ!相手に受け入れられやすい”魔法の時間帯”と予想外の心理テクニック!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 426778総閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数: