【必見】温めても冷え性になる原因とは?今すぐできる5つのカンタン対策!

ワサラー健康ラボ, 有益な知恵, 生活お役立ち

みなさんこんにちは!管理人のワサラー情報師です!

 

最近では冬だけでなく夏場でも「手足が冷たくなる」とか「1度冷えるとなかなか温まらない」という声が多くなっています。

特に女性は基本体温が男性よりも低いことで冷え性になりやすいだけでなく、無理なダイエットや薄着な格好なども冷え性の一因です。

 

「毎年のことだから・・・」と諦めている方も、冬以外でも冷え性に困っている人も、まずは原因を知ることが改善への第一歩になります。

なぜ冷え性をになってしまうのかを理解し、その上で早めの対策をして改善を目指していきましょう^^

それではさっそくみていきましょう。

 

スポンサードリンク

万病の元”冷え性”の症状


冷え性とはただ身体が外気温の低さで冷えるというものではなく、身体の血行が悪くなって温度が下がり、その後慢性的に冷えが続く症状のことを一般的に「冷え性」と呼びます。

特にこの症状は心臓から一番遠い手や足の指先に多く起こることから「末端冷え性」と呼ばれることが多いです。

 

この(末端)冷え性の代表的な症状として、

・手や足の指先がキーンと冷たい

・上半身は暑く感じるくらい温かいのに、下半身は寒い

・温かい部屋、温かいベッドに入っても寒くてなかなか寝付けない

などが挙げられます。

 

冷え性は1度なってしまうとなかなか身体が温まらず、日常生活でも困ることが多いです。

体温が下がると身体の免疫力が下がり、病原体への抵抗力も弱くなってしまうため、冷え性は万病の元とも言われています。

よって、上記のような症状がある場合はなるべく早く改善すべきなのです。

 

スポンサードリンク

冷え性を引き起こす原因


人間の身体は本来、常に自分の状態を同じように一定に保とうとする性質”恒常性(ホメオスタシス”)という機能をもっています。

この機能によって、人間の体温も大体36〜37℃の間で保たれています。

 

しかし冷え性になると、この本来働くべき体温調節機能がうまく働かなくなってしまいます。

そんな冷え性になってしまう主な原因として以下のようなものが挙げられます。

 

自律神経の乱れが原因

自律神経は身体の体温調節に大きく関係する働きがあります。

しかし、睡眠不足や栄養の偏り、ストレスや不規則な生活はこの自律神経の働きに不具合を生じさせてしまいます。

 

特に冬の時期に暖房で部屋を暖めすぎていたり、逆に夏場にエアコンで室内を冷やしすぎていると、室内と外との寒暖差が大きくなりすぎることでも自律神経は乱れやすくなります。

不規則な生活や寒暖差の激しさが冷え性の1つの原因なんですね^^;

 

ホルモンバランスの乱れが原因

日々のストレス過多や、更年期によるホルモンバランスの乱れも血行を悪くさせる原因になります。

 

少しの空き時間でも、あなたの趣味や好きなことをして身体をリラックスさせたり、栄養のある食べ物をしっかりと食べてホルモンバランスをなるべく乱さないようにすることが大切です^^

 

 

血液循環の乱れが原因

血行が冷え性の1番の原因といっても良いでしょう。

血液には含まれている栄養や酸素を身体中に送り届けるだけでなく、流れることで体温を上げたり下げたりと調節するはたらきもあります。

・流れる血流が暖かければ体全体が温まりますし、

・流れる血流が冷たければ体全体が涼しく冷えます。

 

貧血や低血圧、血管系に疾患がある人は特に血行が悪くなりがちで冷え性に悩む人も多くなります。

 

筋肉量が少ないのが原因

筋肉は身体を動かすだけでなく、筋肉運動による発熱や血流を促す効果があります。

肌寒く感じる日でも、筋肉マッチョの人から「全然寒くないし、薄着でも大丈夫!」という言葉を聞いた経験はありませんか?

これはまさしく発熱効果をもつ筋肉量が普通の人より多いからなんですね。

 

特に女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、どうしても発熱量も少なくなってしまうことからも冷え性の原因と言えます。

また、運動不足になると筋肉量は次第に少なくなるので、男性でも冷え性になってしまうという人も少なくありません^^;

 

皮膚感覚の乱れが原因

あなたは、よくきつい下着やストッキング、靴下などで身体を締め付けてしまっていませんか?

身体をきつい衣類で長時間締め付けていると、どうしても血管も狭く締めることになるので血行が悪くなってしまいます。

 

身体をきつく締め付ける衣類は血行を悪くし、結果的に冷え性にも繋がりやすくなってしまうのです。

 

スポンサードリンク

9割以上が改善!日常のカンタン冷え性対策


ここまでで、なぜ冷え性が起こってしまうのかの原因についていくつかお話ししてきました。

冷え性は血行が大きく関係しているのでしたね^^

では次に、冷え性の具体的な対策・改善策について見ていきましょう。

 

冷え性を治すためには、血行をなるべく促進するような対策をとっていくのが得策になります。

 

無理せず続く適度な有酸素運動をする

適度な有酸素運動は血行促進・冷え性改善に大きな効果があります。

無理せず続けられる有酸素運動を毎日20〜30分程度行うと良いですね^^

思い立った日に1時間以上するよりは、15分未満でも毎日継続する姿勢が重要です。

また、

・軽いランニング

・ウォーキング

・ストレッチ

・エアロビクス

・ホットヨガ

中でもこれらの運動は血行促進だけでなく、健康増進や不眠症改善にも役立ちますよ^^

冷え性の改善に効果的な、体をポカポカに温める簡単運動法の記事も合わせてお読みください。

 

身体を締め付ける衣類はなるべく避ける

血流が滞ると体温が思うように上がらず、冷えにつながります。

特に身体をキュッと締め付けるような下着や靴下などの衣類は血管を狭くして血流を悪くしてしまうため、なるべく長時間着用しないようにしましょう。

 

膝から下全体を締め付けるようなタイツやブーツの長時間の着用は足指先の末端冷え性の原因にもなりやすいです。

お風呂でしっかり温めてマッサージするなどケアを欠かさないようにしましょう^^

 

冷たい食事は避ける

食事ではひんやりと冷たいものはなるべく避けて、体温よりも温かいものを食べるようにしましょう。

また、勢いよく飲み込んだりせずによく噛んでから飲み込むようにしましょう。

➡︎➡︎➡︎冷え性改善に効果的な体温を上げる食べ物6選

 

お風呂や足湯で温まる

およそ38〜40℃の熱すぎないぬるめのお湯に、20〜30分程度ゆっくり浸かると体温上昇に効果的です。

入浴剤やアロマを一緒に使うのも良いでしょう^^

 

入浴の際には、心臓に負担をかけないようにするために胸の下あたりまで浸かる”半身浴”がオススメです。

上半身が寒い場合はタオルをお湯で温めて肩にかけると良いですよ^^

 

もし時間がなくてお風呂に入れない日は、上記と同じような温度のお湯で足湯に浸かるだけでも血行促進・冷え性にも効果的です。

 

3つの”首”を温める

首、手首、足首の3つの首はなるべく衣服で隠し、冷えないようにしましょう。

それぞれの皮膚の下には太い動脈血管が通っており、そこを通る血液を温めたり冷やしたりしやすくなっています。

 

血液が冷たく冷めると、その冷たい血液が全身をめぐるため体全体が冷えてしまいますが、

血液を温めることができると、その温かい血液が全身をめぐるため体全体を効率よく温めることができます^^

 

血液の温度に直結する3つの首は、冷めないようになるべく衣類で覆って温めるようにしましょう。

 

最後に


はい!というわけで今回は、なぜ冷え性をになってしまうのか原因を解説し、日常生活でできる5つの改善・対策法についてお話ししてきました。

末端冷え性自体は病気というわけではありませんが、体の冷えは免疫力が下がって抵抗力も弱まってしまうため”万病の元”と言われています。

 

その後の体調不良を招かないように、今からできることを早めに実践していきましょう^^

この記事が少しでも読者のみなさんの役に立てば嬉しく思います。

それではまた次回までワサラなら〜

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【効果的】冷え性は食事で改善できる!体温が上がる食べ物6つを大公開します!

【簡単】冷え性改善に効く!身体がポカポカに温まる運動法教えます!

【冬の常識】エアコンで室内が乾燥してしまう原因と加湿器いらずの対策法!

唇が乾燥する「10」の原因!あなたの唇が荒れたりひび割れてしまう理由教えます!

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 495322総閲覧数:
  • 6現在オンライン中の人数: