【初心者】FXにはトレードスタイルが3つ存在する!【おすすめ・向いている人】

FX, 生活お役立ち

みなさんこんにちはーっす!ワサッとブログ♪共同代表&声優FXトレーダーの心野臣(ココロノシン)です!(https://twitter.com/shinsayu2)

 

今日のこの記事の内容はこちらの動画でも確認できます^^

心野臣(ココロノ シン)のYouTubeチャンネルもどうぞ^^


 

「一体どれくらいの時間ポジションを保有したら良いの!?

FXを始めたばかりの初心者の多くは、確実にこの疑問を持ちます。

 

FXとは2つの国の貨幣価値の差を利用して、その貨幣を売ったり買ったりすることで差分の利益を得るものです。


1.相場を分析し、方向性を判断する。

2.売りや買いのポジションを持つ。

3.その後の値動きを待って、利益が出たら決済する。

この1連の流れを、”トレード”と言います。


これは既にみなさんご存知のことかと思います。

しかし実は….

FXのトレードスタイルは大きく分けて3種類存在します。

というわけで今回は、そんなFXトレードにおける3種類のトレードスタイルと、各スタイルに向いている人はどんな人なのかについてお話ししていきます。

この記事を読むことで、FXを始めたばかりのあなたがどのトレードスタイルに向いているのかが簡単にわかるようになりますよ^^

 

スポンサードリンク

3種類のトレードスタイル【スキャル・デイトレ・スイング】


3つのトレードスタイルは、狙う値幅の大きさやポジションの保有時間によって大別され、呼ばれています。

ここではまず、具体的にどのようなトレードスタイルがあるのか、それぞれどのような特徴があるのかについてお話ししていきます。

1.スキャルピング(スキャル・スキャ)とは

スキャルピングの語源はscalping(薄く頭皮を剥ぐ)というものです。

スキャルピングとはその名の通り相場から1〜10pips程度と小さなpips、薄い値幅を数秒〜数十秒という短時間でササっと抜き取って、それを積み重ねていくトレードスタイルです。

このスタイルは、上記でも述べたように非常に小さな値幅だけを狙うので、エントリーした後すぐに決済できるという身軽な取引方法が特徴です。

これにより大切な資金を長時間相場に晒す必要もないため、ストレスが少ないトレードが可能になります。

また、チャートの更新速度も非常に早いため、他のスタイルと比べてトレードチャンスも桁違いに多く現れるのも大きな特徴です。

 

(※トレードチャンスが多い=増えやすいというわけではありません。

トレードの数が増えると言うことは、その分資金が減る可能性とも常に隣り合わせであるということを理解してください。)

 

2.デイトレード(デイトレ)

デイトレードとはその名の通り、1回のトレードを当日中すなわち1日のうちに終えるトレードスタイルになります。

デイトレのポジション保有時間はおよそ数十分〜数時間ほどが一般的で、概ね10〜30pips程度の値幅を狙っていきます。

 

ある程度大きい値幅を取れる上、こちらも大切な資金を相場に晒す時間が長くなく、特に寝ている間の値動きを気にしなくて良いという点で、非常に定評があるスタイルになります。

しっかり時間とメンタルの両方に余裕をもって取引できるスタイルなので、初心者の方におすすめのトレードスタイルです。

デイトレで投資している方がトレーダーには1番多い印象ですね。

人気と安定感のあるトレードスタイルと言えるでしょう。

 

3.スイングトレード(スイング)

スイングトレードとは、一言で言うと長期的にポジションを保有するトレードスタイルです。

その一般的な保有時間は数日から数週間。長い人だと数ヶ月から年単位という長期間でポジションを保有するトレーダーもいます。

これだけ長い期間のポジションを保有するため、狙える値幅も50pips〜数百pipsと破格の大きさを誇ります。

またスワップによる恩恵とのダブル取りで利益を大きく狙えます。

小さな時間軸とは違いノイズが少ないことで堅実で安定性があり、1回エントリーしてしまえばしばらくはチャートを見なくて良いので、日々の生活にもほとんど(というか全く)支障を出さずに過ごすことができるのも特徴です。

 

スポンサードリンク

3種類の各スタイルに向いているのはどんな人か?


ここまでで、3種類のトレードスタイルとその特徴についてはご理解いただけたかと思います。

では次にどのような人がそれぞれにスタイルに向いているのか、おすすめの人についてお話ししていきます^^

1.スキャルピングに向いているのはこんな人。

スキャルピングにオススメなのは、大きく分けて上の3つのタイプの人です。

<1.専業トレーダー>

専業トレーダーはスキャルピングがおすすめです。

スキャルピングは少ない時間で小さな値幅を淡々と狙っていくスタイルなので、とにかく少しの値動きにも細心の注意が必要になります。

そのため、スマホやパソコンなどモニターをしっかりと見続けられれるような時間と心の余裕がないといけません。

そういった点で言えば、専業トレーダーはしっかりと相場に向き合っていられる時間を取ることができるので、上手くトレードを重ねればスキャルピングで確実に利益を積み重ねていけるでしょう。

 

<2.冷静な人>

FXをやる上ではどのトレードスタイルでも冷静な判断が必要ですが、スキャルピングの場合は特にこの冷静さが必要になります。

スキャルピングは決済までの時間がかなり早い上、トレードチャンスもかなり多いのでうまく勝ちを重ねれば資金も爆発的に増えますが、一方で負けが重なれば資金も一瞬で溶けます。

 

度重なる損切りであまりに損失が膨らみすぎると、人は感情的になり、その損失をすぐに取り戻そうとします。

その結果むやみに大きなロットで勝負したり、エントリーすべきでないところでギャンブル的なトレードをしてしまうようになります。

そうして気づけば損失の嵐。気付いた時にはもう遅く、負のスパイラルに囚われます。

スキャルピングで勝っていくために熱意は必要です。しかし冷静さを欠いて熱くなった先に待つのは退場だけだと言うことは肝に命じておきましょう。

 

<3.少資金の人>

小資金でFXを始めた方にもスキャルピングはオススメです。

FXにはレバレッジというシステムがあり、実際の金額よりも大きな金額分の通貨を動かせる制度があります。

そのため資金が少なくても効率的に口座金額を増やしていくことができますよ^^

 

→FXをいくらから始めたら良いのか?とお悩みの方はこちらの記事がおすすめです。

 

2.デイトレードに向いているのはこんな人。

デイトレードに向いているのは大きく分けて上記の3つのタイプの人です。

<1.主婦や学生>

主婦や学生さんに限らず社会人の方など、基本的に日中から夕方にかけて仕事がある人は幅広くオススメできます。

デイトレードはエントリーするまでにもある程度の時間的猶予があるだけでなく、エントリー後から決済までにも時間がある程度かかるため、あまり頻繁にチャートを見る必要がありません。

数十分〜数時間に1度チャートをさっと確認できればトレードできるので、兼業の方であっても誰でも気軽に取り組むことができます。

 

また、「気付いたら決済されて利益がでていた!」というようなサプライズ収益感も得られるので、気持ち的にも嬉しくなることが多いですよ^^

 

<2.日中の外出が多い人>

こちらも上記の<1>とほぼ同じ理由になります。

基本的にチャートを長時間見ていられない場合にはオススメできるトレードスタイルです。

 

<3.計画性のある人>

FXでトレードをしていく上で、特にデイトレードでは計画性を持つことは非常に重要です。

FXは貨幣価値が上がったり下がったりすることで利益を生み出していくものですが、決して上がるか下がるかを事前に予想するものではありません。(これは投資ではなくギャンブルの領域です)

 

重要なのは相場の流れを見ながら、こうなってきたら上がる確率が高いとか下がってくる可能性があるなというようなシナリオを基に戦略を練って相場を見ていくことです。

トレードする前から相場の流れを考えて、常に戦略を計画していく癖をつけることが相場で勝ち残っていくための何よりも重要な要素になります。

そういった点では計画性を持って判断できる人はデイトレードに向いています。

なお、一見難しそうなことを言っているようですが、これは慣れれば誰でも無意識にできるようになりますので安心してくださいね^^

 

3.スイングトレードに向いているのはこんな人。

スイングトレードに向いているのは大きく分けて上記の3つのタイプの人です。

<1.社会人>

スイングトレードは1回のトレードにおいて、エントリーから決済までに要する時間が、数日から数週間以上と非常に長いので、1度エントリーしてしまえば、その後はほとんどチャートを見る必要がありません。

そのため、毎日仕事に家事に勉強にと、とても投資している時間が取れないような忙しい方こそオススメのトレードスタイルです。

数日後に、ふと気付いてチャートを見ると利益が出ているというような感覚なので、生活する上で時間的な支障がまず出ないので、ライフスタイルを崩すことなく取り組めるので社会人の方には向いているトレードスタイルだと言えるでしょう^^

 

<2.投資にあまり急がない人>

利益を増やすことにあまり急がず、着実にじっくりと増やしていければ満足!という方にはこれほどぴったりなスタイルはありません。

スイングトレードはその特徴ゆえに、1回のトレードが終了するまでに時間は長くかかりますが、その分得られる利幅(pips)は大きく、スワップによる恩恵も大きくなります。

あまり急がずに少しずつ増やしていきたいという方は、生活にほとんど支障もでずに取り組めるスイングトレードは非常におすすめですよ^^

 

<3.ある程度の資金がある人>

スイングトレードを行う上では、ある程度の資金が用意できる人が向いています。

このスタイルを行う場合、必然的に見る時間足も1時間足以上〜とかなり大きなものになります。

そのため狙える利幅も大きくなる一方で、損切りの幅もかなり大きくなってしまいます。

安全面を考慮すると、損切り幅が大きくなれば、その分ロットも抑えなければいけません。

 

もし損切りになった場合は、それだけで損失も大きくなりやすいですし、

ロットを抑えてのエントリーなので、せっかく大きな利幅を取れても大して大きな利益にならないこともしばしば。

負けても余裕があり、大きな損切り幅でもある程度のロットで勝負できる資金量がある方にはかなりオススメできるトレードスタイルになりますよ^^

 

スポンサードリンク

最後に


というわけで今回は、FXの3種類のトレードスタイルと、それぞれに向いている人はどんな人なのかについてお話ししてきました!

一言でトレードといってもそのスタイルは人によってさまざまです。取引量も、エントリー位置も保有時間も、100人いれば100通りあるのがトレードです。

その人にあった取引スタイルが、他の人に合うとは限りません。

今回の記事で、少しでも自分にあったトレードスタイルを見つけていただけたら幸いです。

ご意見や質問などがあれば僕のツイッターにてお気軽にお待ちしています!

それではまた次の記事でお会いしましょう!ばいばいっ

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

【第一歩】FXはいくらから始める?初期資金の考え方!【投資・資金管理】

スポンサードリンク



シェアしていただけると励みになります!^^

質問、ご意見等お気軽にコメントください^^






Count per Day

  • 919174総閲覧数:
  • 3現在オンライン中の人数: